Fandom

Wookieepedia

ヌート・ガンレイ

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 

ヌート・ガンレイ(Nute Gunray)は惑星ニモーディア出身のニモーディアン男性で、トレード・フェデレーションヴァイスロイクローン戦争では独立星系連合の幹部によって構成される分離主義評議会のメンバーを務めた。クローン戦争の10前、ガンレイはシスの暗黒卿ダース・シディアスの計画に従って惑星ナブー侵略した。しかし、フェデレーションはナブーの戦いに敗北し、ガンレイは最高裁判所で4度にわたる裁判を受けた。

分離主義運動の時代、ガンレイはドゥークー伯爵率いる独立星系連合のメンバーになり、分離主義勢力ドロイド軍バトル・ドロイドを提供した。ジオノーシスの戦いをきっかけに銀河共和国との戦争が始まると、ガンレイは分離主義者の幹部としてローディアを始めとする星々を連合側に勧誘した。クローン戦争の末期、劣勢に立たされた連合軍はドゥークーやグリーヴァス将軍を失い、分離主義評議会は惑星ムスタファーへの移動を命じられた。クローン戦争の目的を達したシディアスは、弟子ダース・ヴェイダーをムスタファーに派遣し、用済みとなったガンレイたちを暗殺した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki