FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は惑星を扱っています。 あなたが探しているのは星系同盟領域かもしれません。

ヌーエイン[1](Nouane)はインナー・リムヌーエイン星系に位置した惑星銀河共和国時代の初期に誕生した無数の小帝国のひとつで、212の星系を統治する半独立政府、同盟領域ヌーエイン首都惑星だった。惑星ヌーエインは、孤立を保ちながらも、共和国の初期に強い存在感を示していた。ヌーエインの図書館を目的に、コア・ワールドの哲学者やアーティストたちがこの惑星を訪れ、ヌーエインの大臣銀河系政府に属す各地の星々で影響力を有していた。

マンダロリアン戦争中の3963 BBY、ヌーエインはマンダロリアンの侵略軍によって制圧された。攻囲されたヌーエインは、共和国に助けを求めた。マンダロリアンが惑星から追い出された後、ヌーエインとその領域は半自治同盟領域として共和国に加わった。それから数千後、ヌーエインは共和国に代わって誕生した銀河帝国を、銀河内戦の間中、強く支持していた。帝国が新共和国に破られた後、ヌーエインの領域は再び独立する。

特徴

銀河共和国時代の初期、惑星ヌーエインは、同じくヌーエインと呼ばれる、インナー・リムの212の居住星系から成る自治小帝国首都機能を果たしていた。ヌーエイン星系に属すこの惑星は、北部保護領と呼ばれる領域に位置していた。

歴史

およそ25,000 BBYから22,000 BBY当時、銀河共和国がリムの方向へと拡大を始めた初期の段階で、惑星ヌーエインは世間に知られていたものの、未踏の領域に囲まれており孤立していた。辺境に位置していたヌーエインだったが、エレガントな文明を有し、コア・ワールドの哲学者やアーティストたちがこの惑星の図書館を訪れていた。ヌーエインは政治的手腕の高さで知られており、この惑星の大臣は共和国各地の星々で大きな権力を有していた。コルサントアルサカンが争ったアルサカン紛争のさなか、ヌーエインはアルサカン側が支配するハイパーレーン上に位置していた。

3963 BBYマンダロリアン戦争の間に、ヌーエインは遊牧的なマンダロリアン戦士団によって攻撃され、征服される。小惑星に囲まれたオモノス星系で進撃が停滞するまで、マンダロリアンはコアへ向け進撃を続けていた。ヌーエインの社会を軽視していたマンダロリアン・ネオ=クルセイダーは、この惑星を荒廃させる。マンダロリアンによる抑圧に苦しめられたヌーエインと周辺領域は、共和国に援助を請うた。最終的にマンダロリアンが追い出されると、ヌーエインの領域は同盟領域(共和国に吸収された小帝国を指す)として共和国に加わった。他の同盟領域と同様、ヌーエインの指導者にはモフグランドモフといった称号が与えられた。

マンダロリアン戦争から数千が過ぎた19 BBYパルパティーン最高議長銀河系政府を初代銀河帝国へと再編成した。全ての同盟惑星は、帝国の従属国として改変されたが、半自治を保つことになった。銀河内戦の間中、ヌーエインは帝国の強力な支持者として立場を守ったが、帝国は新共和国に敗北する。それ以降、ヌーエインは再び独立した中立領域に戻った。少なくとも数十年後に発生した第二次銀河内戦までの間、ヌーエインは銀河規模紛争にほとんど関わらなかった。

地理

共和国の初期、ヌーエインには図書館があり、研究のためにコア・ワールドから哲学者やアーティストがやって来た。

住民

25 ABY当時、ヌーエインは10億から100億人の知覚種族人口を有していた。

制作の舞台裏

「Nouane」という領域名は、1999年に発売されたマイケル・P・キュービー=マクドウェルによる小説、『嵐の予兆』で初めて言及されたが(表記はヌーエン)、惑星名として最初に言及したのは、2009年に発売された『The Essential Atlas』(ジェイソン・フライダニエル・ウォーレス著)である。

登場作品

  • SWInsider small "Hondo Ohnaka's Not-So-Big Score"—Star Wars Insider 144 (言及のみ)

脚注

  1. 同盟領域ヌーエインと表記を合わせる。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。