FANDOM


この記事は同盟領域を扱っています。 あなたが探しているのは惑星星系かもしれません。

ヌーエイン[1](Nouane)はインナー・リムに位置した同盟領域である。北部保護領と呼ばれる地帯に位置する、212の星系によって構成された半独立政府のヌーエインは、銀河共和国時代の初頭に数多く存在した小帝国のひとつだった。この領域の首都惑星ヌーエインだった。

マンダロリアン戦争のさなかの3963 BBY、遊牧的なマンダロリアン戦士団が惑星ヌーエインを襲撃した際、ヌーエインの民衆は共和国に助けを求めた。これにより、ヌーエインは共和国に属す同盟領域のひとつとなり、モフグランドモフによって統治されることになった。共和国に代わって銀河帝国が誕生した後も、ヌーエインは同盟領域としての立場を維持し、帝国の従属国として皇帝パルパティーンの体制を強く支持した。帝国が陥落した後、ヌーエインは新しく誕生した新共和国には加わらず、独立を宣言した。

特徴

半自治領域のヌーエインは、インナー・リムの、北部保護領と呼ばれる地域に位置していた.。銀河共和国の初期、銀河系の至る所に小規模な帝国が存在し、ヌーエインもそうした領域のひとつとして繁栄していた。この領域の首都は同じくヌーエインという名前の惑星で、同名の星系に存在した。

マンダロリアン戦争中、ヌーエイン領域は同盟領域として銀河共和国に加わった。同盟領域とは、共和国に加わりながら、半自治を保った領域を指す。当時、ヌーエインは212の居住星系を有し、その中にはコムキンドワーティテレラス星系が含まれた。この領域の北西には、ヴァトクリー・トレード・コリダーと呼ばれるハイパーレーンが通っていた。

歴史

ヌーエイン領域は、銀河共和国の初期に数多く存在し繁栄した、数多くの小帝国のひとつだった。この領域の首都は、名祖となった惑星、ヌーエインだった。未踏の領域に囲まれながら文明が進んでいたこの領域は、22,000 BBYという早い段階から共和国に認知されていた。この頃までに、惑星ヌーエインからコロニー領の惑星ユヴィユイ・イクセンまでハイパーレーンが通っていた。

7000 BBY以降の数世紀、共和国はヌーエインと周辺領域を気にかけ、マンダロリアン戦士団を警戒した。しかし、3976 BBYから3960 BBYまで続いたマンダロリアン戦争のさなか、マンダロリアン・ネオ=クルセイダーは惑星ヌーエインを攻撃する。小帝国の住民たちは、共和国に助けを求めた。その後、ヌーエインは同盟領域(銀河系政府に加わりながら、半自治を保った地域)として共和国に加わった。同盟領域の指導者は、一般的にモフグランドモフという称号を使用した。数世紀が過ぎると、同盟領域はほとんど儀礼的な言葉となり、そうした領域はしだいに宙域として共和国に吸収されていったが、ヌーエインは共和国の終わりまで残っていた数少ない同盟領域のひとつだった。

ヌーエイン同盟領域の212の居住惑星系に属す星々は、しだいに共和国の間で有名になった。惑星ヌーエインは、コア・ワールドから哲学者やアーティストを引き寄せる名高い図書館を有していた。また、この惑星の大臣たちは共和国国家の星々で強い影響力を有していた。惑星ドワーティ出身のドワーティの4賢人は、冷静で情け容赦ない政治哲学を共和国にもたらし、大きな論争と研究の対象になった。マンダロリアン戦争の時代、熱帯の銀行惑星テレラスにはテレラス・インターステーラ・バンキング・イニシアチブ社が存在したが、その後の数世紀でこの惑星は忘れ去られた。

ヌーエインが共和国に加盟してから数千年後、銀河系国家は銀河帝国へと再編成された。これに伴い、残っていた同盟領域はすべて帝国の従属国となった。ヌーエインも従属国のひとつとして、皇帝パルパティーンの新体制を熱烈に支持した。エンドアの戦い以降、帝国政府が衰退していき、新共和国が彼らにとって代わるようになった後、ヌーエインは独立を宣言した。9 ABYスローン大提督が新共和国に対して軍事作戦を起こした際も、ヌーエインは中立を守った。16 ABY、新共和国の偵察船IX-26>はヌーエイン領域をパトロールした。有機体の宇宙船テルジコン放浪船や彼らの故郷ブラス・ケラについて調査するため、<IX-26>は惑星オブロア=スカイオブロア研究所考古学調査班を連れて現地に向かった。

制作の舞台裏

この領域は、1996年に発売され、1997年に邦訳されたマイケル・P・キュービー=マクドウェルによる小説、『嵐の予兆』で言及された。作中ではヌーエンと表記されているが、その後発売された『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではヌーエインという表記が使われている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。