FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は星系を扱っています。 あなたが探しているのは惑星同盟領域かもしれません。

ヌーエイン星系(Nouane system)はインナー・リムヌーエイン領域に位置した星系。この星系に属した惑星ヌーエインは、銀河共和国の初期から小帝国として繁栄した、ヌーエイン領域の首都だった。

特徴

ヌーエイン星系は、インナー・リム北部保護領と呼ばれる地域に属していた。この星系が属していた宇宙領域はヌーエインと呼ばれる同盟領域で、212の星系によって構成されていた。銀河共和国の初期、銀河系の各地には数えきれないほどの小帝国が存在し、この星系の主要惑星ヌーエインは、そうした自治領域の首都機能を果たしていた。

歴史

共和国の初期、およそ25,000 BBY当時から、ヌーエイン星系(特に、惑星ヌーエイン)は同じ名前の領域の中心地だった。インナー・リムの北東の端近くに位置するこの領域は、やがて212の星系から成る繁栄した帝国になった。共和国はしだいに銀河系全土へと拡大し、比較的小さな政府も包括していった。ヌーエインの領域は共和国に加盟していなかったが、ヌーエイン星系の大臣たちは、共和国政府の各地の星々で大きな影響力を有していた。

それから何千も経った後、遊牧的なマンダロリアンの戦士団が共和国に対して聖戦を仕掛けた。彼らは故郷であるマンダロリアン・スペースから共和国に対して一連の攻撃を行い、コア領域に向けた進撃経路のひとつで、ヌーエイン星系を直接通過した。その結果、戦士団はこの領域の首都を征服した。攻囲されたヌーエインの人々は共和国に助けを求め、マンダロリアンが撃退された後、ヌーエイン領域は半自治同盟領域として共和国に加わった。共和国の時代が終わり、銀河帝国の時代が訪れた後も、ヌーエイン領域は同盟領域のまま残った。帝国が敗北した後、ヌーエインの領域は再び独立を宣言する。

制作の舞台裏

ヌーエイン星系および惑星ヌーエインは、2009年に発売された『The Essential Atlas』(ダニエル・ウォーレスジェイソン・フライ著)で初めて言及された。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。