FANDOM


ニラーン(Nirauan)はワイルド・スペース未知領域近くに位置する惑星である。

概要

InfiltratingEC.jpg

ニラーンを探検するマラ・ジェイドルーク・スカイウォーカー

ニラーンはガーキヤガ・マイナーと未知領域の近くに位置している。

ここにあるものはほとんどが茶色か灰色で、多くは岩である。植物のほとんどは潅木と蔦植物で、あまり居住には向いていない。ここにはクォム・ジャとクォム・ケイと言う二つの鳥型生物が生息していたが、彼らはあまり高度な文明を作らなかった。

ここが既知銀河と接点を持ったのは、スローン大提督の来訪によってである。彼はここにあった崩れかけた要塞に目をつけた。これが何であるかは知られていないが、エネルギー吸収石によって建設されていた。スローンはチス銀河帝国の技術によってこれを修復し、彼の軍隊を駐屯させた。この塔はハンド・オブ・スローンと呼ばれるようになり、指令センターと図書館が置かれた。さらにスター・デストロイヤー級の防衛施設と大格納庫が備えられた。これにより、ここは後にハンド帝国と呼ばれるようになる連合体の中心部となる。スローンはここにクローニング・シリンダーを備え、自らのクローンを待機させた。

スローンは、銀河内戦の間、未知領域の平定に力を入れていた。だが、エンドアの戦いから五年経ったとき、彼は既知銀河に帰還し、そこで死んだ。その後十年の間、ヴォス・パークスーンティア・フェルはスローンの手に潜んで時が来るのを待っていた。と言うのも、大提督は死んでから十年後に復活すると言い残していたからだ。

十年後、既知銀河にスローン復活の噂が流れた。これはヴィリム・ディズラの陰謀であったが、このことを探ろうとした偵察機により、ニラーンの存在がマラ・ジェイドによって突き止められる。さらに、彼女を追ってルーク・スカイウォーカーまでもがこの地にやってきた。二人はクローンを破壊し、ジェイド・ファイアを格納庫に衝突させて大きな損害を与えた。だが、その損害も三年経ったころには完全に修復され、ここはハンド帝国の首都となった。

結局、この地の存在が既知銀河に知れ渡ることはなかった。しかし、フェルはチス・アセンダンシーインペリアル・レムナントの橋渡しをつとめ、その後何年してこの地はハンド帝国の首都となった。しかし、チャフォーンビントラノによると、ハンド帝国はまもなく解散したと言う。

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki