Fandom

Wookieepedia

ニモーディアン

< ニモーディアン

9,049このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ニモーディアン[1](Neimoidian)は、コロニー領域の惑星ニモーディア出身の、まだらな青緑の肌を持つヒューマノイド知覚種族である。デュロスは遺伝子的な遠戚にあたる。

生態と特徴

古代からの伝統に従い、ニモーディアンは生まれてから7年間、群れの中で共同生活を営む。ニモーディアンの子供は幼虫のような外見をしている。その群れには決まった量の、しかも群れ全体が生活するには足りない分の食事しか与えられない。群れの中では常に食糧が不足し、結果、戦って勝つことが出来る者、懸命に蓄えることが出来る者が生き残り、他の者達は飢えて死ぬことになる。この幼少期がどん欲で嘘吐きで自己中心的な性格を形成する。その性格はニモーディアン社会では重要なものだ。弱者には横柄、強者にへつらい自己顕示欲が強い。また、どん欲で性根は臆病であるが敗者には情け容赦ない。

社会と文化

ニモーディアン社会は絶対的な階級制度から成り立っている。惑星ニモーディアの地表にある上等な宮殿は上級身分者が住まい、貧しくハイエナや寄生虫のような生活をしている者達はごみごみした暑苦しい地下層に押し入れられる。

歴史

30BBY前後、あらゆる権謀術策を講じて銀河中の貿易フランチャイズを確保すると、銀河最大の貿易組織となる通商連合を築いた。利益は急増し、惑星ニモーディアではなく通商連合の代表を銀河元老院に送り込むことに決め、豪華な紫色の元老院用ローブとけばだった悪趣味な頭飾りを身にまとったロット・ドッドを選出し、より一層の利益のため賄賂を含むあらゆる政治的策略を用いた。政治的論争を起こすのも厭わず、通商連合の拡大を妨害するものはどんな正当な試みでも排除した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki