FANDOM


「こいつらはチョロすぎるわな。賞金が安すぎる」
―賞金稼ぎ[出典]

ニム・マインドベンド(Nim Mindbend)はシニティーン男性で、クローン戦争期に活動した犯罪者。誘拐、窃盗、殺人行為を咎められ、その首に120,000クレジット賞金を懸けられていた。戦争中、砂漠惑星タトゥイーンモス・アイジリーカンティーナに集まった賞金稼ぎたちは賞金首のホログラムを見比べて次の獲物を検討したが、マインドベンドは賞金が安すぎるという理由で除外された。彼らは最終的に高額の賞金が懸かったサヴァージ・オプレスの手配書を見つける。

登場作品

参考資料