FANDOM


「まるで、スター・デストロイヤーを初めて見た田舎者のようだったな!」
「実際にそうだったんでしょう」
―ゴースの住民について語るスローン艦長とカマス中佐[出典]

ニビル・カマス(Nibiru Chamas)は銀河帝国宇宙艦隊に仕えた中佐。帝国の誕生から8標準年後の時点で、彼は40代の後半だった。

経歴

帝国宇宙軍中佐、ニビル・カマスは、レイ・スローンが代理艦長を務めるインペリアル級スター・デストロイヤーアルティメイタム>に配属されていた。<アルティメイタム>は、任地であるゴースに到着した際、<シンダ・ドリーミング>という貨物船と接触事故を起こした。すると、<アルティメイタム>に乗艦していた実業家のデネトリアス・ヴィディアン伯爵は、この貨物船を砲撃して破壊するよう命じた。接触事故で損傷を負った貨物船の修理を待つより、代わりの貨物船を調達する方が、帝国にとって有益だと判断したのである。カマスは命令に従い、ターボレーザーで貨物船を破壊した。[1]

個性と特徴

カマス中佐は、ゴシップ好きな性格が災いし、年下の将校に次々と階級を追い越されてしまっていた。ヴィディアン伯爵から<シンダ・ドリーム>を破壊するよう命じられた際、カマス中佐はショックを受けたものの、スローン艦長に確認を取った後、命令を実行に移した。[1]

制作の舞台裏

ニビル・カマスは、ジョン・ジャクソン・ミラーによる小説新たなる夜明け』に登場するキャラクターである。この小説は2014年9月に出版され、2015年4月ヴィレッジブックスから邦訳版が発売された。

脚注

他言語版