FANDOM


ニノパス・オロク[1](Ninopas Orocc)はボトラット・レジのために働いていたグラン男性である。32 BBY、彼は惑星タトゥイーンモス・エスパ・グランド・アリーナワトーウィーゼルグラクソル・ケルヴィーンらと同じボックス席に座り、ブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースを観戦していた。

ニノパス・オロクは銀河元老院の床にコルネシアン・ワックスを塗って3名の議員に怪我を負わせた罪でコルサント警察に生存2000クレジット、死亡1000クレジットの賞金を掛けられていた。ニノパスはタトゥイーンのアンカーヘッドで目撃され、その後アウトランド・ステーション賞金稼ぎジャンゴ・フェットに捕らえられた。

制作の舞台裏

ニノパス・オロクはゲーム『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』に登場する賞金首である。第1章の2ステージ目で生死問わずで捕らえることができる。

日本語版公式サイトではニノ・オロクとされており、説明文にもコルサント警察をコンサルタント警察とする間違いがある。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki