FANDOM


ナン・パコタ(Nan Pakota)はモアシーリアン男性で、クローン戦争中に対クローン・トルーパー用の細菌戦用媒介物の開発を統率していた独立星系連合科学者である。21 BBY、パコタと同僚のアーシェ・トー惑星マージ銀河共和国オーソン・クレニック少佐誘拐され、人質交換の交渉材料として惑星ヴァルトへ連れて行かれた。クレニックはパコタとトーを分離主義者のヴァルティに引き渡し、ゲイレン・アーソと彼の家族解放させた。[1]

脚注編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 出典:カタリスト
他言語版