FANDOM


「レン・ヴァーはただの前哨地か……ならば、ナム・コリオスでは?」
ダース・ヴェイダーに対し、ウィルハフ・ターキン[出典]

ナム・コリオス(Nam Chorios)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属す惑星ガリドラーン星系の近くに位置した。帝国時代、ナム・コリオスには銀河帝国の採掘植民地や刑務所施設が置かれていた。

歴史

ヤヴィンの戦いの14前、反乱分子に盗まれた帝国のコルベットキャリオン・スパイク>がガリドラーン・ステーションを攻撃した後、モフウィルハフ・ターキン帝国軍が配備されている付近の星系のリストを要請し、ナム・コリオスに帝国の施設があることを知った。ターキンは次に攻撃されるのはこの惑星だろうと推測したが、反乱分子はルカゼックタッグ社施設を襲った。その後、ベルドロンから借り出されたヴェネター級スター・デストロイヤーリベレーター>は、オード・マンテルから呼び出された戦闘機輸送船ゴライアス>とナム・コリオスで合流し、シス卿ダース・ヴェイダー専用インターセプターを受領した。その後<ゴライアス>はターキンやヴェイダーと共にフィンダーへ、<リベレーター>はオード・セスタスへ飛んだ。[2]

脚注

他言語版