FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
類似した名称の記事はナブー(曖昧さ回避)を参照
Young-palpatine

歴史上もっとも大きな影響力を持ったナブー、パルパティーン

ナブー(Naboo)は、惑星ナブーに住む人間の住民をいう。ナブー人。彼らは惑星の原住種族ではなかったものの、知的種族として優位な文化をそこで築き上げていた。惑星の住民である人間の民族名として“ナブー”という呼称が使われていたが、ナブーイアン・ウォータフォウルといったように、しばしば動物の名前に“ナブーイアン”ということばが使われることもあった。単数でも複数でも、ナブーという呼び方を用いる。

歴史

ナブーの民族の起源は、故郷の暴力的な革命から逃れてきた、グリズマルト人間たちまで遡る。彼らはスペーサークウィラーンによって率いられ、3,900 BBYごろにナブーの山地や広大な平原に植民し、グンガンと接触することはほとんどなかった。

ふたつの民族の文化的な違いは、彼らの間に緊張を招いたものの、直接的な紛争が起きることはまれだった。時間がたつにつれ、ナブーとグンガンの間の対立よりも人間の植民地の間での対立が増えた。ナブーはグンガンのことを“野蛮人”と考えていたが、グンガンはナブーのことを“気取った臆病者”だと考えていた。ナブーの戦いのとき、アミダラ女王トレード・フェデレーションと戦うためにグンガンとナブーをひとつにするまで、この関係は続いた。

ナブーの政治では、多くの10代のナブーが政府の仕事にかかわっていた。これは政治の純粋さと潔白性を内部評価するというナブーの考え方の結果だった。ただし、アミダラ女王のパルパティーン元老院議員のケースのように、この制度のためにあまりに高い地位に就いた若い者が操り人形にされることもあった。

有名なナブー

軍人

王室保安軍

共和国軍

帝国軍

王室

政治家

その他

登場作品

参考資料

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。