FANDOM


ナブー・ロイヤル・スターシップ(Naboo Royal Starship)は惑星ナブー王室が所有した改造型Jタイプ327ヌビアン・スターシップである。ナブーでは在位中の君主が王室所属の宇宙船に個人的な船名をつけることが奨励されていたが、ナブー危機当時、この船には名前が付けられていなかった。ナブー・ロイヤル・スターシップはパドメ・アミダラ女王トレード・フェデレーションに占領されたナブーから脱出する際に使用された。

特徴

J-type327 SWE

クロミウム製の船体

シード宮殿宇宙船工学部隊Jタイプ327ヌビアン・スターシップの改造型だったナブー・ロイヤル・スターシップは、美と気品の象徴を生みだそうという設計者たちの意気込みが繁栄された、輝く流線型の宇宙船だった。船内システムの製造はヌビアン・デザイン・コレクティブ社が担当した。[1] ナブー・ロイヤル・スターシップは銀河共和国の平和の時代に流行した職人技能を体現する優美なデザインを取り入れていた。船体の全長は76メートルで、火器は一切搭載されていなかった。[2] しかし強力なシールド発生装置とクラス1.8のヌビアン社製T-14ハイパードライブ発生装置を備えていた。独特な胴体部分はヌビアン社の亜光速エンジンやハイパードライブ推進システムに合わせて設計され、シードにおいてハンドメイドで作られた。[1]

船体も工場や機械ではなく熟練工の手作りかつ手磨きで、表面は装飾のため鏡面処理が施されていた。輝きを放つクロミウムナブーの君主のために特別に取り寄せられた材料だった。ヌビアン社製の内装も船体と同じだけの手間をかけて作られ、十分な空間が確保されていた。船内には船首から順に女王の居室、前部ホールド、技術ステーションを備えたメイン・ホールド、ターボリフトにつながったコックピット、女王の謁見室が並んでいた。謁見室は客人を迎える際にも使用された。[1]

歴史

Astromech's sacrifice

シールド発生装置を修理するアストロメク・ドロイド

Jタイプ327ヌビアン・スターシップの1隻であるナブー・ロイヤル・スターシップは、ヤヴィンの戦いの32以上前にシード宮殿宇宙船工学部隊やヌビアン・デザイン・コレクティブ社によって製造された。美と機能の融合というナブーの技術哲学を象徴していたロイヤル・スターシップには、ナブー王室所有の宇宙船として改造が施され、惑星のから芸術作品として評価されていた。ナブーでは在位中の君主が王室所有の宇宙船に個人的な名前を付けることが奨励されていたが、当時の女王であるパドメ・アミダラは重要案件をたくさん抱えていたため船に名前を付ける暇が無かった。この船はアミダラの専用船として他の惑星への公式訪問時や王室行事に参加する際に使用されていた。[1]

ヤヴィンの戦いの32年前、ナブーはトレード・フェデレーションによる侵略を受けた。ジェダイクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービに救出されたアミダラ女王は、惑星コルサントで共和国に助けを求めるため、ナブー・ロイヤル・スターシップに乗ってフェデレーションによるナブー封鎖を突破することになった。ロイヤル・スターシップは惑星の軌道ルクレハルク級バトルシップの攻撃を受け、シールド発生装置に損傷を負った。船内に積載されていたG8-R3を始めとするアストロメク・ドロイドが船外修理活動を任されたが、激しい砲火にさらされ次々と破壊されていった。しかし、最後の1体となったR2-D2シールドを復活させ、ロイヤル・スターシップの逃走を可能にした。[3]

NabooRoyalStarshipTatooine

タトゥイーンの砂漠に着陸したナブー・ロイヤル・スターシップ

ハイパードライブに損傷を負ったナブー・ロイヤル・スターシップは、修理のためアウター・リム・テリトリー砂漠の惑星タトゥイーンに立ち寄ることになった。クワイ=ガン・ジンとジャー・ジャー・ビンクス、R2-D2、侍女に変装したアミダラ女王が宇宙船の修理部品を求めてモス・エスパの街へ向かった。彼らは地元で通用する通貨を持ち合わせていなかったが、ジンはブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースの賭けでワトーに勝ち、代用のハイパードライブを入手した。彼らのためにレースに参加した奴隷アナキン・スカイウォーカー少年は自由を手に入れ、ロイヤル・スターシップに同乗して故郷を後にすることになった。タトゥイーンから出発する直前、ジンはシスの暗黒卿ダース・モールによる襲撃を受けた。ケノービはパイロットのリック・オーリーに命じて急いで船を離陸させ、ライトセーバーの戦いが繰り広げられている現場に接近した。ジンは戦いを切り上げてロイヤル・スターシップの搭乗口に飛び乗り、辛くも難を逃れた。[3]

コルサントへ航行中、スカイウォーカーはオーリーから船の仕組みを教わった。コルサントに到着したロイヤル・スターシップは、ギャラクティック・シティのプラットフォームでフィニス・ヴァローラム最高議長シーヴ・パルパティーン元老院議員に迎え入れられた。その後、銀河元老院が当てにならないと判断したアミダラは、ジンやケノービ、スカイウォーカー、ビンクス、R2-D2らと共にロイヤル・スターシップに乗り込み、フェデレーションと戦うため再び故郷に戻った。[3]

ナブーの戦い以降、元老院議員になったアミダラはJタイプ外交船Hタイプ・ヌビアン・ヨットを使用していた。[4]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。