FANDOM


「まずナバットの街を奪還して、そこを上陸拠点にしろ」
メイス・ウィンドゥ[出典]

ナバット(Nabat)はアウター・リム・テリトリー惑星ライロス都市トワイレックの住民が暮らしていた。街には地下道が張り巡らされており、危険なガットカーの襲撃をかわすことができた。クローン戦争中、ナバットは分離主義勢力によって一時的に制圧されたが、銀河共和国クローン・トルーパーによって解放された。

歴史

Nabat Twi'leks

共和国軍によって解放されたナバットの住民

クローン戦争中、タクティカル・ドロイドコマンダーTX-20率いる分離主義勢力ドロイド軍団がナバットの街を征服した。TX-20はナバットに5基のJ-1プロトン砲を設置し、トワイレックの捕虜を生きた盾として砲台の周囲に配置した。

銀河共和国がライロスの封鎖を突破した後、オビ=ワン・ケノービ将軍クローン・コマンダーCC-2224率いるクローン・トルーパー部隊がナバットに降下した。ゴースト中隊の隊員であるボイルワックサーは、無人になった街の中でヌーマという名の少女を発見した。彼らはヌーマから地下の抜け道を教わり、分離主義勢力の陣地に潜入してトワイレックの捕虜を解放した後、プロトン砲を破壊した。

登場エピソード

参考資料

他言語版