FANDOM


「戦争では強い者が勝利する。ルールは変わった」
「変わったのはお前自身かもしれんぞ」
―ナダール・ヴェブとキット・フィストー[出典]

ナダール・ヴェブ(Nahdar Vebb)は男性モン・カラマリで、銀河共和国時代末期のジェダイ・ナイトである。クローン戦争ではクローン・トルーパー部隊の指揮を執り、独立星系連合と戦った。彼はノートランジェダイ・マスターキット・フィストーのもとでジェダイの修行を積んだが、戦争が始まってフィストーが共和国グランド・アーミージェダイ将軍になってしまったため、訓練の最終段階を師匠に見守ってもらうことができなかった。そのため、ヴェブはマスター不在の中でナイトへの昇格を果たした。

22 BBY分離主義評議会の重鎮であるヴァイスロイヌート・ガンレイが共和国軍によって逮捕されたが、リパブリック・フリゲートを奪って逃げ出してしまった。ヴェブとクローン・コマンダーフィルは、フリゲートの共和国ビーコンを追跡してガンレイを再逮捕する任務を与えられる。ビーコンの出どころであるヴァセック第3衛星に到着した後、ヴェブはナイトに昇格して以来はじめて元マスターのキット・フィストーと再会した。2人のジェダイはクローン・トルーパーの分隊を率いて巨大な要塞に足を踏み入れたが、そこにガンレイの姿はなく、彼らは独立星系連合の国家元首ドゥークー伯爵が仕組んだ罠に嵌ってしまう。ドゥークーは分離主義勢力ドロイド軍最高司令官であるグリーヴァスの能力をテストするため、ジェダイを彼の砦に仕向けたのである。

ドゥークーの罠に気づいたヴェブとフィストーは、何も知らずに戻ってきたグリーヴァスに奇襲をかけた。しかし、グリーヴァスはトルーパーたちを殺して砦の奥に姿を隠し、ペットのログウォートゴアを侵入者にけしかけた。猛獣との戦いでコマンダー・フィルを失ったヴェブは、ジェダイの道に反してグリーヴァス将軍に復讐を誓った。その後、ヴェブは元師匠のアドバイスを無視して1人でグリーヴァスに挑み、ライトセーバーの対決に敗れて命を落とす。フィストーはグリーヴァスやマグナガードとの戦いから生還し、かつてのパダワンを失ってしまった経緯をジェダイ最高評議会に報告した。

登場エピソード

参考資料