FANDOM


ナイトシスター(Nightsisters)はダークサイドのエネルギーが強い惑星ダソミアに住んでいた魔術を使う女性たちの氏族。ナイトシスターは惑星の深淵から流れ出る魔術の霊液を利用して不可解な術を使いこなしていた。

歴史

ナイトシスターの氏族は謎の多い惑星ダソミアで発展を遂げた。ダソミアには強力なパワーが眠っていたため、銀河共和国の時代、彼女たちが惑星の外へ出ることはめったになかった。しかし、タルジンという名のシスターが氏族のマザーになった時、この習慣に変化が起きた。タルジンは当時協力関係にあったシス卿ダース・シディアスに裏切られ、息子のダース・モールを連れ去られた。クローン戦争中、タルジンは氏族のシスターたちを銀河系の富裕層のために働く傭兵として惑星外に出した。

WelcomeHomeAsajj-Nightsisters

故郷に戻ったヴェントレス

クローン戦争以前、ナイトシスターは氏族の安全のために若きアサージ・ヴェントレスハルステッドという名のシニティーンの犯罪者に差し出すことになった。クローン戦争中、師匠ドゥークー伯爵に裏切られたヴェントレスは、復讐を求めてナイトシスターのもとに戻った。ナイトシスターの陰謀はドゥークーの怒りを買い、彼の部下であるグリーヴァス将軍がダソミアへ派遣された。ナイトシスターはこの戦いで根絶やしにされ、ヴェントレスとマザー・タルジンが最後の生き残りになった。

その後、ヴェントレスは賞金稼ぎとして生きることになったが、マザー・タルジンは荒廃したナイトシスターの要塞に留まり、息子であるダース・モールの傷ついた肉体と心を癒した。モールとタルジンは、ダース・シディアスとドゥークー伯爵を排除する計画を立てたが、タルジンはその後発生した戦いで命を落とすことになった。一方、ヴェントレスはクインラン・ヴォスと共にドゥークー伯爵の命を狙ったが、ヴォスの命を守ろうとして伯爵に殺されることになった。ヴェントレスが死んだことで、ナイトシスターの血は絶えた。

宗教と哲学

ナイトシスターの魔女たちは、惑星ダソミアの深淵から流れる霊液を使い、彼女たちのいうところの“魔術”を実現していた。最も強い力を持つナイトシスターは、霊液を使って虚空から物体を出現させたり、人びとを真の姿である幽霊のような形態に変化させたり、死者を呼び覚ますことができた。

社会と文化

ダソミアのナイトシスターは辺境の沼地の中に建てられた石の要塞に住んでいた。ナイトシスターの部族は母権社会で、女たちと離れて暮らすダソミアの男(ナイトブラザー)は、使用人や子孫を残すための存在としてだけ利用されていた。

ナイトシスターに加わることを希望する若い女性は、村落の池の深みに生息する強力で意志の強いクリーチャー、スリーパーをダークサイドの力で屈服させ、その肉体の一部を持ち帰らなければならなかった。持ち帰った肉体はナイトシスターの魔術にとって重要な生命の水に変えられた。タリアの双子の妹のように、恐怖に囚われてしまった者は深みに引きずり込まれて命を落とした。

登場作品

Nightsisters SWE Full

ナイトシスター

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。