FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

ドーン(Dorn)はダース・クレイトの銀河帝国宇宙軍に仕えた将校である。彼はモント・コドル総督ヴァイカー・ドーンの息子であり、ペレオン級スター・デストロイヤードーントレス>の艦長だった。137 ABY、彼とその部下の乗組員たちは、バスティオンを拠点とするローン・フェルの帝国の派閥に寝返るふりをした。この離反はシス情報部および暗殺部の長ダース・マラディが、シス卿ダース・クルールを帝国の本拠地へと潜入させるために用意した罠だった。クルールはフェルを暗殺する任務を課されていたが、失敗に終わる。その後、ドーンとその乗組員たちはフェルの命令で処刑された。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 13: Ready to Die (初言及)
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki