FANDOM


この記事はペレオン級スター・デストロイヤーを扱っています。 あなたが探しているのは他のものかもしれません。

<ドーントレス>[1](Dauntless)はフェル帝国帝国宇宙軍に所属したペレオン級スター・デストロイヤーである。ワン・シスによるクーデーターが起こった後は、シス帝国艦隊の所属となった。

歴史

137 ABYダース・マラディダース・クルールバスティオンへと侵入させ、<ドーントレス>と、この艦の艦長を息子に持つヴァイカー・ドーン総督の離反を餌に使い、皇帝ローン・フェル殺害をたくらんだ。しかしクルールは暗殺に失敗し、ローン・フェルの軍隊は<ドーントレス>のクルー全員を招集し、処刑した。ただし、ドーン総督だけは生かされ、メッセンジャーとしてシスが支配する領域へと戻された。

その後、<ドーントレス>はフェルの艦隊に加わり、ニュー・ジェダイ・オーダーとの会合に向かう皇帝を、惑星アガマーへと運ぶ輸送船として使用された。このとき、<ドーントレス>はトーリ・シャロン提督の指揮下に置かれ、バジレ艦長が彼女の副司令官を務めた。

第1シス帝国攻撃部隊がフェルとその会合を待ち伏せしたとき、<ドーントレス>は皇帝がシャトルに乗り込んで脱出する時間を稼ぐために、3隻の敵スター・デストロイヤーと戦った。<ドーントレス>はシャトルがハイパースペース・ジャンプを行うのに十分な時間を稼ぐことに成功したが、この艦自体は<ウォー・ハンマー>によってその後すぐに破壊されてしまった。

登場作品

Dauntless destroyed

破壊される<ドーントレス>

  • Star Wars: Legacy 13: Ready to Die (初登場)
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
  • Star Wars: Legacy 45: Monster, Part 3
  • Star Wars: Legacy 46: Monster, Part 4

参考資料

脚注

  1. ほかのドーントレスと表記を統一。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki