FANDOM


Kace closeup
ドージャンダー・ケイス
身体の情報
種族

人間

性別

男性

髪の色

目の色

肌の色

白色人種

年代と政治的な情報
時代

旧共和国時代

所属

ドージャンダー・ケイス(Dorjander Kace)は人間男性で、シス大戦時にマンダロリアン・クルセイダーに捕えられ、その後の人生を捕虜として過ごしたジェダイ・マスター。彼はそこでヴァーダという名のマンダロリアンと恋に落ちる。ヴァーダはケイスの子を妊娠したが、ジェダイによって指揮された、共和国軍の爆撃によって命を落としてしまった。ケイスは恋人のを深く悲しんだが、戦争が終結した後は再びジェダイ・オーダーに戻って優秀に仕え、やがてジェダイ最高評議会のメンバーに選ばれた。マンダロリアン戦争が勃発した際、ジェダイ・ナイトレヴァンジェダイ・オーダーも紛争に参加するべきだと主張した。ケイスはこの提案に強く反対したが、評議会は最終的にレヴァンの参加を承認し、ケイスは評議会を去ることになった。共和国がもはや取り返しのつかないほど腐敗していると考えたケイスは、マンダロリアンの勝利は必然だと確信した。彼は、ジェダイ・オーダーの監督下でマンダロリアンが銀河系を支配すれば、共和国に代わる優れた体制ができると信じていた。

同じ意志を持つジェダイ・ナイトたちを集めたケイスは、マンダロリアン・ナイトと呼ばれる派閥をつくり、密かにマンダロリアン側へと離反した。彼は“マンダロリアンのジェダイ・ナイト”を提供することで、共和国の敵対者を支援することに決めた。そのため、ケイスは惑星ダントゥインジェダイ・エンクレイヴに潜入し、ジェダイの子どもたちを誘拐する計画を立てた。エシーン戦いフィーダ義勇軍と呼ばれる共和国の部隊を指揮したケイスは、ダラン・モーヴィス大佐とその部下たちを欺き、アックスヘッド・フリゲートレシプロシティ>を手に入れた。フリゲートを制圧してフィーダ義勇軍を強制的に従えたケイスは、惑星ハルソーにある通信ステーション占拠を開始する。マンダロアから、兵士を詰め込んだカンドシ型ドレッドノート3隻から成る造園を受け取ったケイスは、続けてフィーダそのものへの攻撃に備えた。しかし、彼は義勇軍の中に元ジェダイ・パダワンゼイン・キャリック(フィーダ出身で、ごまかしの才能で知られていた)が紛れていることに気づいた。ケイスは、キャリックに故郷を守るチャンスを与え、フィーダ付近の宇宙ステーションフィーダコムを占領する計画に着手した。フィーダコムの制圧により、ダントゥインと共和国の間の通信は効果的に断絶され、ケイスの計画に有利な状況が生まれた。

ケイスは<リシプロシティ>で作戦通りジェダイ・エンクレイヴに到着した。彼はそこでアカデミーのスタッフを閉じ込め、ジェダイの訓練生たちをドレッドノートで惑星外に連れ出す準備を始めた。しかし、彼の計画はキャリックとフィーダ義勇軍によって妨害され、ドレッドノートの1隻、<パージェイ>が彼らに拿捕されてしまう。彼らはマンダロリアンに扮装してダントゥインに到着し、ジェダイの子どもたちをケイスから連れ戻した。ケイスは敗北を認めず、エンクレイヴでキャリックと対決した。強い強迫観念にかられたケイスは、危うく味方の技術者、コブラス・ソーネルをも殺しかけた。しかし妊娠しているソーネルを目にしたケイスは、ヴァーダのことを思い出し、エンクレイヴのスタッフたちを解放して、ジェダイ・マスターのジャー・レスティンに降伏した。その後、彼は銀河の首都惑星コルサントへと連行され、マンダロリアン・ナイトたちとともに公開裁判で共和国への反逆罪を裁かれた。ケイスは法廷でも信条を崩さず、この裁判を、群衆の前で自分の意志を示す機会として利用した。

経歴

マンドエイドの捕虜

Varda

ドージャンダー・ケイスの恋人、ヴァーダ

人間男性、ドージャンダー・ケイスは、旧シス戦争時代を生きたジェダイ・マスターだった。シス大戦中、彼は銀河共和国のために、シスの暗黒卿エグザ・キューンマンダロリアン戦士団の軍隊と戦った。この大戦の途中で、ケイスはマンダロリアン・クルセイダーによって捕えられてしまい、彼らの間で捕虜として生きることを余儀なくされた。しかし、マンダロリアンの中で暮らすうち、ケイスは戦士のひとりヴァーダと恋に落ちた。彼女から戦士団の伝統を教わったケイスは、マンダロリアンのライフスタイルを喜んで受け入れた。ヴァーダはケイスの子どもを身籠ったが、彼女はジェダイ・オーダーのメンバーによって率いられた共和国軍の爆撃で命を落とす。哀しみに打ちひしがれたケイスは、ジェダイではなく共和国と公正な戦いをしていたはずのヴァーダが、ジェダイの手で殺されたのはおかしいと考えた。3996 BBY、キューンとマンダロリアンが敗北して戦争が終わると、ケイスはジェダイ・オーダーに戻る機会を手にした。その後の数十、彼は優秀にオーダーに仕え、やがてジェダイ最高評議会に議席を獲得した。

シス大戦の終結から20年後再編成されたマンダロリアンが、銀河系に対して二度目の征服運動を開始した。マンダロリアンは、共和国の領土の外の、アウター・リム・テリトリーの独立した星々を手始めに占領を行い、共和国は10年もの間彼らの征服運動を放置していた。しかし3966 BBY、アウター・リムの惑星タリスが共和国に加盟したことにより、共和国も紛争に対する行動を起こすことになった。彼らはマンダロリアンの攻撃に備えて防衛網を立ち上げた。その後の2年間、共和国とマンダロリアンは辺境領域で一連の小規模な衝突を繰り返した。こうした戦いの後、カリスマ性を持つジェダイ・ナイトレヴァンが、ジェダイ・オーダーに対し、自分たちも紛争に参加するべきだと働きかけた。評議会は、レヴァンの提案や、壊滅的なシス大戦の後にまたしても紛争に介入することに、ためらいがあった。評議員の中でも特にケイスは、ジェダイの戦争参加に最も強く反対した。しかし、オーダーの中でレヴァンに同調する声が集まり、彼のグループはレヴァンチスト運動へと成長する。そのため、戦争への不参加を強く主張するケイスは、共和国とかみ合わなくなってしまう。彼らはケイスを評議会から退かせ、代わりにマスター・ルシエン・ドレイを新しい評議員にした。

マンダロリアン・ナイト

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはドージャンダー・ケイスに関する2枚の画像があります。
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: War (初登場)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。