FANDOM


「<キメラ>では、たまたま大きな仕事にはあたらなかったが、きみはすぐれた指揮能力を秘めているとよく感じたものだ。ひょっとすると、今度はその評価が正しかったとわかる機会が得られるかもしれん」
「ご期待に応えるよう、最善を尽くします」
―スローン大提督に扮したフリムと、ドージャ[出典]

ドージャ[1](Dorja)は帝国宇宙軍将校銀河帝国インペリアル・レムナント艦隊で、インペリアルI級スター・デストロイヤーリレントレス>を指揮した。宇宙軍将校を多く輩出した一族の出身だったドージャは、65 BBYかそれより以前に惑星コルサントで生まれた。また、彼にはヴェイナという娘がいた。皇帝パルパティーンニュー・オーダーの信条を受け入れたドージャは、帝国と反乱同盟が争った銀河内戦で、4 ABY以前から<リレントレス>の指揮官を務めていた。彼は充分な理由がなければ自分の艦を危険にさらそうとしないことで知られていたが、それは批判の対象にもなった。4 ABY、皇帝が死に、帝国が多くの軍閥へと分裂するきっかけとなったエンドアの戦いで、ドージャは自身のデストロイヤーを主戦場から撤退させた。それ以降の5間で、帝国領は反乱同盟の後継政府である新共和国によって徐々に削り取られていった。そんな中、ドージャはギラッド・ペレオンから艦隊の指揮権を奪おうと画策した。

9 ABYスローン大提督未知領域から帰還し、帝国の指揮権を手にした際に、ドージャの計画も中断された。スローンは艦隊再編成し、ドージャと<リレントレス>を宇宙部隊の予備軍に配置した。大提督の主要部隊から外されたことで、ドージャは自分が軽視されていると考え、この新しい指導者を嫌うようになった。ドージャは公には大提督に忠誠を示しながら、密かに自身の計画を練り続けていた。新共和国に対するスローンの軍事戦略のさなか、<リレントレス>は惑星ニュー・コヴで複数の重要な標的を相手にする。彼らはスター・デストロイヤーから逃げ去ったが、ドージャは宇宙船泥棒のナイルズ・フェリアを捕まえ、スローンに差し出した。フェリアはドレッドノート艦を数隻探し出す任務を与えられ、これらの軍艦は戦いの流れを左右する存在となったものの、スローンはボディガードルクに裏切られ、暗殺されてしまった。軍事作戦にも終止符が打たれ、2年後には帝国そのものも崩壊した。

19 ABY当時、ドージャはペレオンが複数の大将軍の勢力をまとめ上げて形成した、インペリアル・レムナントに仕えていた。ペレオンは新共和国と和平協定を結ぶことに決めたが、帝国内部の反逆者たちが彼の計画を妨害した。反逆者のひとり、詐欺師フリムは、復活したスローンを装って人々を欺いた。亡き大提督を深く尊敬するようになっていたドージャは、この変装に騙され、新共和国にメッセージを運ぶペレオンの大使を捕まえる任務を受け入れた。ペレオンが到着することのない交渉相手を待ち続ける中、フリムは<リレントレス>を“スローン”の旗艦に選び、銀河系各地に帝国の影響力を広めた。ドージャが帝国領ヤガ・マイナーに対する新共和国の攻撃を迎撃した際、ペレオンは<リレントレス>のブリッジに現れ、スローンの偽物の陰謀を暴いた。その後新共和国と帝国の和平協定が実現し、やがて彼の娘ヴェイナ・ドージャは帝国宇宙軍の中佐になった。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはドージャに関する1枚の画像があります。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『未来への展望』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。