FANDOM


この記事はリンを扱っています。 あなたが探しているのはウリック・ケル=ドローマドローマ宙域かもしれません。

ドローマ[1]Droma)は冒険への情熱と家族へ対する深い気遣いを持っていた、リンの男性。彼は問題の解決や他人の観察、そして彼の属する遊牧民族特有のさまざまなテクニックに熟練していた。25 BBYユージャン・ヴォング戦争の勃発に伴い、彼は家族や仲間たちと離れ離れになってしまい、ユージャン・ヴォングの恐ろしい兵器の攻撃に巻き込まれてしまった。彼は<ジュビリー・ホイール>で、高名なパイロットにしてもと密輸業者の、ハン・ソロと出会い、知り合いになった。ふたりは豪華客船<クイーン・オブ・エンパイア>に乗ってビルブリンギ星系へと向かい、ジェダイを抹殺せんとするユージャン・ヴォングの陰謀を挫くという活躍をした。ドローマはこうした活躍の中、ソロの命を何度か救う。ソロはそのお返しに、ドローマの家族を見つけて再会させるという約束をした。ふたりは探索の旅へと出かける。旅の途中、ドローマは事実上ソロの名高い貨物船、<ミレニアム・ファルコン>の副操縦士となった。

戦争が混乱を極める中、ドローマとソロはドローマと離れてしまった家族の行方を追い、やがて惑星ルーアンに行き着いた。しかし、ドローマはリンというだけで逮捕されてしまい、強制労働をさせられてしまう。ドローマはソロとBFLシリーズのドロイドバッフルによって救われた後、再びソロとともに度に向かい、今度はフォンドアへと向かった。戦いの最中だったこの惑星で、ドローマはとうとう難民として銀河系をさまよい続けていた自分の家族と再会することが出来た。家族との再会後も、ドローマはしばらくソロの一向と行動を共にする。彼はソロがデュロの難民キャンプを監督するのに手を貸す。ユージャン・ヴォングのエージェントが難民キャンプに侵入し、惑星がユージャン・ヴォングの手に落ちると、ドローマは難民グループを安全な地域に連れて行ったソロと別れることになった。

続く戦争の3年間の間に、ドローマはリン・ネットワークを設立した。これはユージャン・ヴォングがもたらした損害を回復するための、リンたちによる独特な情報組織だった。惑星オナダックスで、ネットワークは指令を開始した。28 ABY、ドローマはこの惑星でハン・ソロとその家族に再会する。ドローマはソロ一家にエスファンディアに向かうよう提案した。エスファンディアで彼らはインペリアル・レムナントギラッド・ペレオン大提督がユージャン・ヴォングを退けるのに手を貸した。銀河に大きな損害を出した戦争が終わると、ドローマはリンの情報組織の指令を続けるために、静かに歴史の表舞台を去っていった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。