FANDOM


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

ドロイドはお断り』(原題:We Don't Serve Their Kind Here)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はチャック・ウェンディグ

あらすじ

青年が2体のドロイドを連れてカンティーナにやってきた時、バーテンダーウーハーの脳裏に忌まわしい記憶が蘇った。クローン戦争中、ウーハーの故郷のアーカックス・ステーション分離主義勢力ドロイド軍による襲撃を受けた。彼の両親を含むステーションの住人たちは、この心と魂を持たぬ無慈悲な機械によって殺されたのだ。それ以来ウーハーはドロイドを憎み、ブリキ野郎の入店を断っていた。しばらくして、カンティーナで事件が起きた。青年の連れである隠者ライトセーバーを使って悪党どもを撃退したのだ。その時、ウーハーはもう一つの記憶を思い出した。あの日、アーカックスで機械の殺戮者から幼いウーハーを救ってくれたのは、ライトセーバーを持ったジェダイだったのだ。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他