FANDOM


「移動しているあいだ、わたしのために数学的な数学で数学を数学するのにお付き合いくださいませんか?」
―ドルーシル・ベフォリン[出典]

ドルーシル・ベフォリン(Drusil Bephorin)はギヴィン女性で、天才的な暗号解読者。彼女は統計学によって帝国宇宙軍同盟軍艦隊の位置を正確に割り出すことが出来た。銀河内戦中、ベフォリンは銀河帝国の監視下に置かれていたが、彼女自身は反乱同盟のために働くことを望んでいた。反乱軍はルーク・スカイウォーカーナカリ・ケレンを惑星デノンへ派遣し、ベフォリンを<デザート・ジュエル>に乗せて連れ出した。また、彼女のや息子のペンターブレン・ダーリン少佐のチームによって救い出された。ベフォリンは無事にオメレスへ運ばれ、そこで家族と再会した。[1]

制作の舞台裏

ドルーシル・ベフォリンはケヴィン・ハーン小説ジェダイの継承者』に登場するキャラクターである。小説の発売に先立ち、スター・ウォーズ インサイダー第155号収録の記事『Journey into Darkness』でベフォリンのビジュアルが公開された。

登場エピソード

脚注

他言語版