FANDOM


「ジャクーでドロイドの回収に失敗しました」
―カイロ・レンに対し、ミタカ中尉[出典]

ドフェルド・ミタカ(Dopheld Mitaka)は人間男性で、レジスタンスとの紛争の時代にファースト・オーダーに仕えていた中尉エンドアの戦いの30後、リサージェント級スター・デストロイヤーファイナライザー>に乗艦していた。

経歴

ドフェルド・ミタカはアカデミーをトップの成績で卒業し、ファースト・オーダーリサージェント級スター・デストロイヤーファイナライザー>に乗り込むという栄光を手にした。[1]冷戦の最中、彼は<ファイナライザー>からレジスタンスのパイロット、ポー・ダメロンと共にTIEファイターで逃亡を図ったFN-2187を上官であるアーミテイジ・ハックス将軍の命令で攻撃した。二人の乗ったTIEファイターは惑星ジャクーに墜落したが、その後、味方のストームトルーパーとTIEファイター2機を駆り出した捜索活動は失敗に終わる。ミタカはBBシリーズ・アストロメク・ドロイドの捜索が失敗に終わったことをカイロ・レンに報告するという不運な立場に立たされた。[2]

個性と特徴

ドフェルド・ミタカは人間男性で、髪はく、肌は白かった。ミタカはファースト・オーダーの軍服を着こみ、旧銀河帝国の著名な提督の名前が書かれた腕章をつけていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注