FANDOM


ドノ(Dono)は惑星オンダロン出身の人間女性クローン戦争中、オンダロン反乱軍の一員として独立星系連合と戦った。

経歴

サンジェイ・ラッシュ独立星系連合への加盟を宣言し、オンダロン分離主義勢力ドロイド軍を招き入れると、惑星の解放を求めるオンダロン反乱軍が発足した。ドノも反乱軍のメンバーに加わり、ハッチソウ・ゲレラスティーラ・ゲレララックス・ボンテリらと共にジェダイクローン・キャプテンレックスから戦闘訓練を受けた。彼女たちはドロイデカAATタンクの破壊方法を学び、実際にバトル・ドロイドのパトロール部隊を撃退した。

ドノは仲間たちと共に首都イジズの内部へ潜入し、分離主義勢力の活動を妨害した。イジズ発電所を破壊した後、ドノはスティーラを反乱軍の指導者にすべきだと提案し、大多数の仲間から同意を得た。スティーラは指導者として認められ、前王ラムシス・デンダップの救出作戦を開始する。ソウが独断でデンダップの解放を試みた際、ドノはスティーラに命じられて彼を尾行した。ソウの試みが失敗した後、反乱軍はヨーラン広場の処刑場でデンダップを救おうとしたが、ドロイド軍に待ち伏せされた。ドノはB2スーパー・バトル・ドロイドに胸を撃たれて命を落としたが、他のメンバーは脱出に成功した。

制作の舞台裏

ドノの髪型のCGモデルは幼年期のボバ・フェットと同じものが使われている。

登場作品

参考資料