FANDOM


「やはりランシットをモフにしておくべきだった。きっと輝かしいキャリアを積んでいただろう。自らの野望に足をすくわれなければの話だが」
皇帝シーヴ・パルパティーン[出典]

ドッド・ランシット(Dodd Rancit)[2]人間男性で、銀河帝国宇宙軍情報部に所属した中将帝国保安局ハルス・アイソン副長官とはライバル関係にあった。彼はセンチネル基地の指揮官だったが、アンター4作戦を拒否した後、情報部に配置換えになった。これを降格と受け止めたランシット中将は、バーチ・テラー率いる反乱組織と共謀し、帝国に対する妨害運動を開始した。ランシットは途中でテラー一味を裏切るつもりだったが、モフウィルハフ・ターキンシス卿ダース・ヴェイダーが彼の陰謀に気付いた。ランシットはヴェイダーによって処刑され、ウルフ・ユラーレンが彼の後任に任命された。[1]

参考資料

脚注

他言語版