FANDOM


「子どものころ、ラエ隊長の作り話を考えるのがすきだった。彼女はどんな人物で、どの星からやってきたとか」
レイの日記より[出典]

ドスミット・ラエ(Dosmit Ræh)は共和国再建のための同盟に所属した大尉で、女性スターファイターパイロット銀河内戦当時、ラエ大尉はティアフォン・イエロー・エースの隊員としてXウイング・スターファイターに乗り込んでいた。

経歴

Dosmit Ræh helmet

ドスミット・ラエのヘルメット

銀河内戦の時代、ドスミット・ラエ大尉共和国再建のための同盟スターファイター部隊に仕えていた。彼女はT-65B Xウイング・スターファイターに乗り込み、反乱軍戦闘機中隊ティアフォン・イエロー・エースパイロットとして戦闘に参加した。[1]

砂漠惑星ジャクーに住む廃品回収業者レイは、幼い頃に宇宙船の墓場からドスミット・ラエ大尉のフライト・ヘルメットを回収した。このヘルメットはレイが最初期に手に入れた物のひとつで、彼女の宝物になった。子どもの頃、レイはラエの出身地や経歴を自分で考えだし、貨物用コンテナで見つけた反乱軍の宇宙服を使って人形も作成した。彼女は全地形対応装甲トランスポートヘルハウンド2>の中や砂漠を探索する際にラエ大尉の助手のつもりになって遊んでいた。大人になるとこうした遊びはしなくなったが、彼女はヘルメットや人形を手元に残していた。[1]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ フォースの覚醒 レイのサバイバル日記』ではラエの階級(Captain)が「隊長」と訳されているが、これは不適切である。現在のところ、ラエがティアフォン・イエロー・エース隊の隊長だったかどうかは不明。

参考資料

脚注

他言語版