FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「やめるべきだったのに、やめなかったあらゆることが。何ひとつ、二度と正しくはならない」
―ドゥークー[出典]

ドゥークー[1](Dooku)は惑星セレノーに生まれた人間男性で、フォースのダークサイドに転向してシスの暗黒卿になった元ジェダイ・マスターダース・ティラナス[1](Darth Tyranus)というシスの名でも知られた。彼は幼い頃にジェダイ・オーダーに引き取られ、サーム・セルリアンに師事した。ジェダイ・ナイトに昇格した後、ドゥークーはクワイ=ガン・ジンコマリ・ヴォサパダワンとして訓練した。ジェダイ・テンプルの教育者として尊敬を集めたドゥークーは、銀河系にその名を馳せた優れた剣士でもあり、その腕に匹敵するのはヨーダメイス・ウィンドゥだけだとされていた。

彼は70年近くジェダイとして活動したが、ガリドラーン凄惨な戦いをきっかけにオーダーや銀河共和国に対する信頼を失い、ナブーパルパティーン元老院議員の影響を受けてオーダーを去った。パルパティーン議員がシス卿ダース・シディアスであると知った後、彼はダース・モールに代わるシディアスの2番目の弟子となり、フォースのダークサイドに転向した。

莫大な遺産とセレノー伯爵の称号を受け継いだ後、ドゥークーはシディアスと共にシスが銀河を支配するための周到な計画を立てた。ドゥークーは一族の財産と影響力を活用し、銀河中の共和国に不満を持つ企業や惑星たちの間に連合を作り、分離主義運動の指導者となって独立星系連合を組織する。数千もの星系がドゥークーのもとに集り、銀河共和国を脱退した。

クローン大戦として知られる紛争で、ドゥークーは独立星系連合の政治的指導者として共和国と戦った。その際、ドゥークーは分離主義勢力ドロイド軍の指揮官として4人の強力な戦士(獰猛なジェンダイバウンティ・ハンターダージダーク・ジェダイでシス・アプレンティスのアサージ・ヴェントレスチスのコマンダーでダーク・アコライトセヴランス・タン、悪名高いサイボーグ将軍で、ジェダイ・ハンターにしてドロイド軍最高司令官グリーヴァス)を傘下に引き入れ、訓練した。

クローン大戦の末期、戦火は共和国の首都惑星コルサントに及んだ。ドゥークーは分離主義勢力の旗艦インヴィジブル・ハンド>でジェダイ・ナイトのアナキン・スカイウォーカーと対決し、敗北した。その際、ティラナスのシス・マスターであるパルパティーン最高議長は、アナキンに丸腰のドゥークーを殺すよう指示した。パルパティーンは、死んだドゥークーの代わりにスカイウォーカーを新しい弟子に選んだ。間もなくダークサイドに転向したアナキンにはダース・ヴェイダーという名前が与えられた。

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

ダーク・アコライト
指導者
ダース・ティラナス
アコライト(見習い)
ソーラ・バルク · アーテル・ダーク · ダーク・アコライト・トリオ · カロク · サート
カドリアン・セイ · トル・スコア · セヴランス・タン · トレノックス
ニコス・タイリス · アサージ・ヴェントレス · ヴィノク · クインラン・ヴォス · ドゥークーのドッペルゲンガー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。