FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「船は包囲されているぞ、伯爵。すぐにでも共和国の兵士が乗り込んでくる」
―ドゥークーに対し、アナキン・スカイウォーカー[出典]

クローン戦争中、独立星系連合国家主席ドゥークー伯爵ミュニファスント級スター・フリゲート司令船として使っていた。

特徴

ドゥークー伯爵ミュニファスント級スター・フリゲートには、彼の専用機であるプンウォーカ116級恒星間スループが格納されていた。また、このフリゲートには監房ブロックやドゥークーの瞑想室があった。他の多くのミュニファスント級スター・フリゲートと同様、伯爵の司令船もB1バトル・ドロイドによって運用されていた。

歴史

22 BBYジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーはドゥークーを倒すため自ら彼の捕虜となった。その後、打ち合わせ通りオビ=ワン・ケノービが救出に駆け付け、EVAスーツを着て宇宙空間から船内に侵入し、スカイウォーカーを解放する。彼らは瞑想室にいたドゥークーに奇襲を仕掛けたが、伯爵は隠し通路でハンガーへ移動し、ソーラー・セーラーで脱出した。スカイウォーカーとケノービも駐機されていたシーシピード級トランスポート・シャトルで後を追ったが、両者とも船の故障で近くの惑星ヴァンコアへ墜落する。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。