FANDOM


ドゥークーのソーラー・セーラー(Dooku's solar sailer)は独立星系連合国家主席ドゥークー伯爵が所有したプンウォーカ116級恒星間スループである。惑星ジオノーシスで製造され、分離主義運動クローン戦争の時代に個人的な輸送船として使用されていた。

特徴

ドゥークーソーラー・セーラーはスター・ヨットの一種で、フップラ・パサ・ティスク・シップライツ・コレクティブ社が製造したプンウォーカ116級恒星間スループだった。卵形の船体を持つこの船はソーラー・セーラーと呼ばれるテクノロジーを搭載し、巨大な帆で集めた星間エネルギーを推進力に変えていた。ドゥークーのソーラー・セーラーにはダース・シディアスとの通信用に徹底的なセキュリティが施されたホロネット・トランシーバーが備わっていた。[2]

歴史

クローン戦争以前、セレノーのドゥークー伯爵惑星ジオノーシスの支援者にこのユニークな宇宙船の製造を依頼した。[2] ドゥークーはこの船を個人的な輸送船として使用し、FA-4パイロット・ドロイドに操縦を任せていた。ジオノーシスの戦いのさなか、共和国グランド・アーミーの出現によって敗戦が濃厚になると、ドゥークーはフリットノット・スピーダーに乗ってソーラー・セーラーが泊めてある秘密の格納庫に向かった。彼は格納庫でジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーを破り、かつての師匠であるヨーダの攻撃をかわした後、ソーラー・セーラーに乗り込んで脱走した。その後、ドゥークーを乗せたソーラー・セーラーはシディアスと落ち合うためコルサントへ向かい、ワークスの施設に着陸した。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注