FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「私はどのジェダイよりも強くなった。あなたよりも」
―ヨーダに対し、ドゥークー[出典]

ドゥークー(Dooku)、別名ダース・ティラナス(Darth Tyranus)は惑星セレノー出身の人間男性で、フォースのダークサイドに転向してシスの暗黒卿となった元ジェダイ・マスター独立星系連合政治指導者を務めた。ドゥークーはヨーダパダワンとして修行を積み、一人前のジェダイになった後はクワイ=ガン・ジンを弟子にとった。しかし、彼は銀河共和国政府にはびこる汚職に幻滅し、ジェダイ・オーダーを脱退した。ドゥークーはシス卿ダース・シディアス弟子になり、ダース・ティラナスという名を与えられた。故郷で富と伯爵の称号を相続したドゥークーは、表向きにはシーヴ・パルパティーン最高議長という名で知られるシディアスと共に、クローン戦争を引き起こすために策謀を巡らした。彼はマスター・サイフォ=ディアスの暗殺とクローン軍団の製造に関与し、クローン・プロトコル66を内蔵したバイオ=チップカミーノアンに提供した。

ドゥークー伯爵は共和国に対する分離主義運動を扇動し、ジオノーシスの戦いをきっかけに共和国と独立星系連合の間にクローン戦争が勃発した。いつの日かマスターの後を継ぐつもりで、ドゥークーは自らも弟子をとった。彼はまず最初に元ジェダイのアサージ・ヴェントレスを訓練したが、最終的に彼女を見捨て、サヴァージ・オプレスを2番目の弟子に選んだ。しかし、オプレスはヴェントレスによって伯爵に対する復讐の道具として利用されており、彼らの師弟関係は短命に終わった。戦争の終盤、ドゥークーはダークサイドに転向したジェダイのクインラン・ヴォスを3番目の弟子にした。ドゥークーは新しい弟子と協力してシディアスを倒そうと計画していたが、ヴォスがヴェントレスの助けを借りてライトサイドに再転向したため、彼はまたしても弟子を失うことになった。また、ドゥークーはシスとしての弟子の他に、分離主義勢力ドロイド軍を率いるグリーヴァス将軍ライトセーバーの手ほどきをしていた。

クローン戦争の末期、ドゥークーは共和国の首都惑星コルサントで行われた戦いに参加した。彼はは分離主義勢力の旗艦インヴィジブル・ハンド>でジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーと対決し、敗北を喫した。パルパティーン議長ことダース・シディアスの指示に従い、スカイウォーカーは丸腰で跪くドゥークーに止めを刺した。それから間もなく、シディアスはスカイウォーカーをダークサイドに誘惑し、伯爵よりも若く強力な新しい弟子を手に入れた。シスの計画はドゥークーが死んだ後も問題なく進められ、戦争の終結に伴ってジェダイ・オーダーは崩壊し、新たに銀河帝国が誕生した。

経歴

生い立ち

CountDookuFull-SWE.png

ドゥークー伯爵

惑星セレノー出身の人間男性[1]、ドゥークーは、銀河共和国の後期にフォース感応者としての素質を見出されてジェダイ・オーダーに加わった。彼はジェダイ・マスターヨーダが最後にとったパダワンだった。[2] 任務で惑星キャッシークを訪れた際、ドゥークーは師匠が巨大なテレンタテックと戦うのを見守った。[3] やがてドゥークーはジェダイになるための訓練期間を終えてマスターに昇格し、クワイ=ガン・ジンを弟子にとった。ジンはやがて一人前のジェダイ・ナイトに成長し、後にマスターに昇格した。ジンはオビ=ワン・ケノービをパダワンに選び、それ以降もかつての師であるドゥークーと何度か接触を取っては、ドゥークーの孫弟子にあたるケノービのことを話した。ジンは自分の弟子を高く評価していたが、ドゥークーはジェダイとして若きケノービと対面したことは無かった。[2]

ナブー危機(この戦いで、ドゥークーの弟子だったジンはシス卿ダース・モールによって殺害された)が発生する以前から、ドゥークーはジェダイ・オーダーや銀河共和国、そして銀河元老院の腐敗に幻滅していた。やがて彼はオーダーを去り、失われた20人のひとりに数えられるようになった。その後、彼は故郷セレノーで一族の資産と伯爵の称号を相続した。当時、ドゥークーはシスの暗黒卿ダース・シディアスから接触を受け、助力を求められた。惑星ナブー代表のシーヴ・パルパティーン元老院議員という表向きの顔を持つシディアスは、シスであることを隠し、共和国元老院で権力を拡大していた。ナブー危機のさなか、彼はフィニス・ヴァローラムを効果的に失脚させ、最高議長の地位を手にしていた。権力を求めていたドゥークーはシディアスの弟子になることに同意し、ダース・ティラナスというシスの名を与えられた。

ジェダイ・オーダーを離れてから8の間、ドゥークーの消息は表向きには途絶えた。しかし、彼はオーダーを脱退した直後にクーリヴァ代表のパッセル・アージェンテ議員の紹介で大セスウェナ領域の総督を務める惑星エリアドゥウィルハフ・ターキンと知り合った。これ以降もふたりは何度か顔を合わせることになるが、初対面の席では政治問題や貿易不公正、内部抗争によって高まっていた緊張について話し合った。ふたりは共和国が内部崩壊に危機に瀕しているという考えで一致した。[4]

シスの陰謀

クローン軍の製造

「俺はティラナスという男に雇われたんだ、ボグデンの月でな」
ジャンゴ・フェット[出典]

ドゥークーはティラナスの名を名乗ってジェダイ・マスター・サイフォ=ディアスの暗殺を手配した。パイク・シンジケートロム・パイクを利用してサイフォ=ディアスを殺害した後、ドゥークーはこのジェダイ・マスターの死体を手に入れた。サイフォ=ディアスはヴァローラムの補佐官であるシルマンと行動を共にしており、パイクは今後の保険としてシルマンを生きたまま捕えていたが、ティラナスはそのことを知らなかった。[5] サイフォ=ディアスが進めていたクローン軍団の製造事業を引き継いだドゥークーは、自らクローン兵士の遺伝子提供者を選び出し、ボグデンのひとつでジャンゴ・フェットという名の賞金稼ぎを雇った。仕事を引き受ける際の条件として、フェットは彼自身のために遺伝子操作を加えないクローンを1体製造するよう要求し、ドゥークーはそれに同意した。[2] その後、ドゥークーとシディアスはカミーノアンのクローン技術者にバイオ=チップを提供した。これは、クローン・トルーパーをジェダイに敵対させるプロトコルが内蔵された行動制御装置だった。[6] この頃、ドゥークーは元ジェダイのダソミリアンアサージ・ヴェントレスを味方に引き入れ、暗殺者兼シス・アプレンティスとして働かせるようになった。[7]

分離主義運動

「どうやらあなたにとっては戦争が起こると好都合らしいですね」
ウィルハフ・ターキン総督[出典]
Dooku CIS.png

共和国からの分離主義運動を率いていた当時のドゥークー伯爵

ドゥークーが歴史の表舞台から姿を消した8年の間、彼が銀河系各地の宙域で政治不安を煽っているという噂が流れた。そのため、亡命したドゥークーがジェダイ・オーダーの下部組織を創っているのではないかという噂も流れた。オーダー脱退から8年後、ドゥークーはラクサス星系ホロネット基地を乗っ取り、劇的に銀河社会に復帰した。その際、彼は共和国を非難し、分離主義者の活動を後押しする扇動的なスピーチをホロネットに発信した。その後、彼は惑星ライロスのクーデターを煽り、キャッシークサラストオンダロンといった星々の内政を干渉し、パルパティーン議長からの交渉の申し出をはねのけた(パルパティーンの正体は彼のマスターであったため、伯爵と議長の対立は政情不安を煽るための茶番でしかなかった)。共和国を苦しめていた政情不安は分離主義運動に発展し、何百という宙域が銀河政府から離脱した。ドゥークーはヤグデュルスルイス・ヴァンも味方につけ、銀河系の南部に分離主義者支配の土台を築き上げた。[4]

分離主義勢力に組した星系や企業は、ドゥークー伯爵のもとで独立星系連合を形成した。ドゥークーとシディアスは、バトル・ドロイドによって構成される連合軍と、密かに製造が進められている共和国のクローン軍団の間に戦争を起こすつもりでいた。[2] 戦争勃発の数間前、アンドーアンシオンで政治問題が発生した後、ドゥークーはエリアドゥを訪問してターキン総督を味方に引き入れようとした。これ以前にも、ドゥークーはアウター・リム・テリトリーコア・ワールドに虐げられている状況を訴え、エリアドゥに独立を求めていた。ドゥークーは互いに好感を抱いていたターキンに対して半ば脅迫的に迫ったが、総督を説得することは出来なかった。しかし、いずれターキンと同じ側に立つことになるだろうと信じていたドゥークーは、例え戦争が勃発したとしても、ターキンの領域に及ぶ被害を最小限にとどめることを約束した。[4]

ジオノーシスの戦い

Blue Glass Arrow.svg こちらの記事も参照: ジオノーシスの戦い

陰謀の発覚

SecessionistMovement.png

分離主義者たちの会合

ヤヴィンの戦いの22年前、銀河元老院では分離主義運動の脅威を受けて軍隊創設法案に関する話し合いが行われた。ドゥークーは、独立星系連合のメンバーのひとりで、トレード・フェデレーションヴァイスロイを務めるヌート・ガンレイの頼みを受け、パドメ・アミダラ議員の暗殺を手配した。フェットやザム・ウェセルがアミダラ議員の命を狙ったが、暗殺は失敗に終わった。それから間もなく、ドゥークーは分離主義評議会のメンバーを砂漠の惑星ジオノーシスに集めた。ポグル・ザ・レッサー大公が支配するジオノーシスでは、独立星系連合のために大量のバトル・ドロイドが製造されていた。ガンレイに加え、インターギャラクティック銀行グループサン・ヒル会長テクノ・ユニオンワット・タンバー監督者コマース・ギルドシュ・マーイ会頭コーポレート・アライアンスパッセル・アージェンテ監督官アクアリッシュポ・ヌードー議員、クオレンティッケス議員がこの会合に参加した。彼らは協定に調印し、連合は大規模なドロイド軍を獲得した。[2]

しかし、アミダラ議員の命を狙う暗殺者を追ってジオノーシスにたどり着いたオビ=ワン・ケノービがこの会議を盗み聞きしていた。また、ケノービは惑星カミーノで製造されていたクローン軍団の存在や、ジオノーシスに分離主義勢力のバトル・ドロイド工場があることも突き止めていた。ケノービはコルサントジェダイ最高評議会にこの発見を知らせたが、報告の途中で連合軍のバトル・ドロイドに捕えられた。ドゥークーはケノービが拘束されている部屋を訪れ、孫弟子にあたる彼を味方につけようとした。その際、ドゥークーは共和国元老院がシスの暗黒卿の影響下に置かれていると仄めかした。その後、ケノービの弟子であるアナキン・スカイウォーカーは、アミダラ議員と共にマスターを救出するためジオノーシスにやって来た。しかし、ふたりもまたフェットやジオノージアンによって捕えられた。[2]

アリーナの死闘

「パーティーは終わりだ」
「勇気は買うがね。愚かすぎるな、友よ。多勢に無勢だ」
―メイス・ウィンドゥとドゥークー[出典]
Arena.JPG

ペトラナキ・アリーナにて、ドゥークー伯爵とヌート・ガンレイ

ケノービとスカイウォーカー、アミダラは死刑を宣告され、ペトラナキ・アリーナで処刑が始まった。ドゥークーはヴァイスロイ・ガンレイやポグル大公、ジャンゴ・フェット、フェットの息子ボバたちと共にバルコニーから処刑を見守った。3人の囚人は柱に鎖で繋がれ、猛獣のアクレイリークネクスーが処刑アリーナに放たれた。しかし、処刑は予定通りに進まなかった。3人は拘束を破って猛獣に抵抗し、ガンレイは仇敵であるアミダラがなかなか死なないことに苛立った。ガンレイはフェットにアミダラを撃ち殺すよう命じたが、伯爵は彼をなだめ、フェットへの命令を取り消した。間もなく、3人の囚人はドロイデカに包囲された。[2]

その直後、ドゥークーたちの背後からジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥが姿を現した。ケノービが独立星系連合に捕えられたことを受け、200名[8] のジェダイから成る救出チームが処刑アリーナに駆け付けたのである。ジェダイは一斉にライトセーバーを起動し、処刑場は混乱に陥った。ドゥークーはジェダイの挑戦の無謀さを指摘し、ウィンドゥはB2スーパー・バトル・ドロイドやジャンゴ・フェットの攻撃をかわすためにバルコニーから飛び降りた。その後、バトル・ドロイドの大軍がアリーナになだれ込み、ジェダイは苦しい戦いを強いられた。戦闘中、ジェダイのコールマン・トレバーがドゥークーたちのいるバルコニーに飛び込んできたが、フェットによって射殺された。フェットはアリーナの戦いに加わってウィンドゥに殺されたが、ジェダイはドロイドの猛攻撃を受けて次々と倒れていき、最後まで戦っていたわずかな生存者たちも、処刑場の中央で包囲された。[2]

クローンの攻撃

「《究極兵器の設計図をジェダイから隠さねば。この設計図を見られたら我々はおしまいだ》」
「では設計図は私がコルサントへ持っていこう。私のマスターにお預けすれば安全だ」
ポグル・ザ・レッサー大公とドゥークー伯爵[出典]
The Ultimate Weapon.jpg

ポグル大公から究極兵器の設計図を受け取るドゥークー伯爵

ドゥークーから降伏を求められたウィンドゥは、連合軍の捕虜になり、交渉の道具として利用されるつもりは無いと断言した。バトル・ドロイドが最後の攻撃を開始しようとしたその時、アリーナの上空にクローン軍団の援軍が姿を現した。連合軍のドロイド軍の存在が明らかになった後、共和国元老院ではパルパティーン議長に非常時大権が与えられ、正式に共和国グランド・アーミーの創設が宣言されていた。その後、ウィンドゥのチームがジオノーシスに向かうのと同時にカミーノを訪れていたマスター・ヨーダが、クローン軍を引き連れて戦場に駆け付けたのである。アリーナに突入したリパブリック・ガンシップはバトル・ドロイドをレーザー砲で蹴散らし、ジェダイの生存者を回収した。[2]

アリーナでの戦いが敗北に終わると、ドゥークーたちはバルコニーから撤退した。戦場はアリーナの外の砂漠に移り、クローン・トルーパーの歩兵やAT-TEウォーカーが分離主義者の逃亡を阻止するため連合軍の宇宙船を強襲した。ドゥークーはクローン軍の存在を以前から知っていたことを隠し、大軍の出現に驚くヌート・ガンレイに調子を合わせた。共和国の軍勢はバトル・ドロイド軍をはるかに上回っており、分離主義者の幹部たちも撤退を始めた。そんな中、ドゥークーはポグル・ザ・レッサーから“究極兵器”の設計図を受け取った。設計中の超兵器の秘密を共和国から守るため、ドゥークーが自らこの設計図をダース・シディアスのもとに届けることになった。その後、ドゥークーはフリットノット・スピーダー・バイクに乗ってソーラー・セーラーが泊めてある秘密の格納庫へ向かった。[2]

ジェダイとの対決

「よく戦ったぞ、かつてのパダワンよ」
「これは始まりに過ぎん!」
ヨーダとドゥークー伯爵[出典]
Duel in the Geonosian Hangar.jpg

アナキン・スカイウォーカーとの対決

ドゥークーが格納庫に到着した直後、彼を追って来たオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカー師弟が姿を現した。ドゥークーは師匠の制止を聞かずひとりで飛び込んできたスカイウォーカーをフォース・ライトニングであしらった。ケノービはライトニングをライトセーバーで受け止め、伯爵との対決に臨んだ。ドゥークーは孫弟子のケノービを圧倒し、彼の手足を傷つけて身動きをとれなくした。しかし、倒れたケノービに対する止めの一撃は、体勢を立て直したスカイウォーカーによって封じられた。スカイウォーカーはケノービからライトセーバーを受け取り、二刀流戦闘法ジャーカイで伯爵と戦った。ドゥークーは敵の武器のうち1本をすぐに破壊し、若きジェダイ・パダワンの右腕を切断した。敗北したスカイウォーカーはフォースで押し飛ばされ、ケノービの隣に倒れた。ドゥークーがジェダイの師弟を破った直後、彼のかつての師匠であるグランド・マスター・ヨーダが格納庫に入ってきた。[2]

短い会話を交わした後、ドゥークーはテレキネシスやライトニングでヨーダを攻撃したが、全て防御されてしまった。ライトセーバーを使った決闘が始まったが、ドゥークーは素早く動き回る老マスターを倒すことができなかった。ヨーダと刃を交えながら、ドゥークーは金属の柱をフォースで折り曲げ、倒れているケノービとスカイウォーカーに向けて落下させた。ヨーダがふたりを救うためにフォースを使って柱を受け止めている隙に、ドゥークーはプンウォーカ116級恒星間スループに乗り込んで逃げ去った。FA-4パイロット・ドロイドの操縦のもと、伯爵の宇宙船は惑星コルサントに向かい、ザ・ワークスと呼ばれる工業区画に到着した。彼はそこでマスターのダース・シディアスと落ち合い、首尾よく戦争が勃発したことを報告した。[2][8]

クローン戦争

「良い報せです、閣下。戦争が始まりました」
「素晴らしい。全て計画通りに運んでおる」
―ドゥークー伯爵とダース・シディアス[出典]
Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

伯爵の最期

Blue Glass Arrow.svg こちらの記事も参照: コルサントの戦い

コルサント襲撃

「ふたりのジェダイがメイン・ハンガー・ベイに侵入しました。追跡中です」
「ドゥークー伯爵の予見された通りだ!」
ニモーディアンの艦長とグリーヴァス将軍[出典]
Darth Tyranus RotS.png

<インヴィジブル・ハンド>でスカイウォーカーやケノービとの対決に臨むドゥークー伯爵

クローン戦争の終盤、共和国はアウター・リム包囲作戦を開始し、フェルーシアサルーカマイケイト・ニモーディアといった分離主義勢力の惑星を攻撃した。そんな中、グリーヴァス将軍率いる連合軍艦隊が共和国の首都であるコルサントを急襲し、シーヴ・パルパティーン最高議長の誘拐に成功した(グリーヴァスは、パルパティーンの正体が連合の影の指導者であるダース・シディアスであることを知らされていなかった)。グリーヴァスの艦隊は、コルサントの上空で共和国宇宙軍の激しい抵抗に遭った。議長を連れ去った分離主義者の宇宙船の逃亡を阻止すべく、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー宇宙戦に加わった。グリーヴァスの旗艦で、パルパティーンが囚われているプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィジブル・ハンド>には、ドゥークー伯爵も乗り込んでいた。ふたりのジェダイがこの艦に乗り込んでくることを予期していた伯爵は、パルパティーンが拘束されている展望室でジェダイを罠に嵌めるつもりだった。[9]

ドゥークーの予想通り、ケノービとスカイウォーカーはイータ2アクティス級軽インターセプターで<インヴィジブル・ハンド>に乗り込み、アストロメク・ドロイドR2-D2の助けを借りて議長が監禁されている部屋を特定した。彼らはフォースでドゥークー伯爵の存在を感じ取っていたが、罠と判ったうえで展望室を目指した。ふたりのジェダイが部屋に入った後、ドゥークーは2体のスーパー・バトル・ドロイドを引き連れて姿を現した。スカイウォーカーはジオノーシスの過ちを繰り返さないよう、今回はケノービと組んで伯爵に挑み、彼らは拘束されたパルパティーン議長が見守る前でライトセーバー・デュエルを繰り広げた。伯爵はケノービをフォースで押し飛ばしたが、ケノービは再び戦いに戻る前に2体のバトル・ドロイドを破壊した。[9]

暗黒卿の裏切り

「この前より僕の力は倍になっていると知れ、伯爵!」
「よろしい。傲慢が倍なら堕落も倍増だ」
―アナキン・スカイウォーカーとドゥークー伯爵[出典]
Betrayed.png

スカイウォーカーの前に跪き、マスターから裏切られたことに気付いたドゥークー伯爵

戦闘中、ドゥークーはケノービをフォースで持ち上げて投げ飛ばし、観測室の通路の手すりにぶつけた。この攻撃でケノービは気を失い、怒りに駆られたスカイウォーカーは激しい攻撃を繰り出した。ドゥークーはスカイウォーカーと刃を交えながら、この若きジェダイが怒りや憎しみの力を利用できていないことを嘲った。ところがその直後、ドゥークーは次第に圧され始め、スカイウォーカーに両腕を切断されてしまった。スカイウォーカーはドゥークーのライトセーバーを空中でキャッチし、2本の刃を跪く伯爵の首の前で交差させた。[9]

パルパティーン議長はスカイウォーカーの勝利を喜び、この場でドゥークーを殺すよう命じた。パルパティーンことダース・シディアスは、ドゥークーに代わる新しい弟子として、若く強力なスカイウォーカーに目を付けていたのである。ドゥークーはマスターの言葉に唖然とし、自身が見限られた存在であることに気付いたが、もう既に遅かった。スカイウォーカーは丸腰の相手を殺すことはジェダイ・コードに反すると考え、しばらく躊躇していたが、結局は最高議長の指示に従ってドゥークーの首を刎ねた。[8][9]

その後

「彼の死は必要な犠牲だった」
―グリーヴァス将軍に対し、ダース・シディアス[出典]
DeathOfTyranus.png

ドゥークーの死

ドゥークー伯爵を殺した後、スカイウォーカーはパルパティーン議長を解放し、気絶していたケノービを背負って<インヴィジブル・ハンド>からの脱出を試みた。彼らは脱出に失敗したが、この艦をコルサントへ不時着させ、無事に議長を元老院へ送り届けた。伯爵の死後、ジェダイ・オーダーはクローン戦争を終わらせるためにグリーヴァス将軍の捜索を進めた。一方、シディアスもまた計画の達成へ向けた最後の準備を始め、グリーヴァスに分離主義評議会ムスタファーへ移動させるよう命じた。その際、彼はドゥークーの死は必要な犠牲だったのだと語り、間もなく伯爵よりもずっと若く、はるかに強力な弟子がやって来るだろうと告げた。[9]

その言葉通り、シディアスは伯爵を殺したアナキン・スカイウォーカーをフォースのダークサイドへ引き込むことに成功し、彼をダース・ヴェイダーと名づけた。ジェダイ・オーダーは、かつてドゥークーが準備に携わったオーダー66の実行によって事実上壊滅した。ドゥークーがまとめ上げた分離主義者の幹部たちは、ムスタファーでヴェイダーに皆殺しにされた。全ての邪魔者を排除し、新たな弟子を手に入れたシディアスは、シスによって支配された銀河帝国創設を実現させた。[9]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki