FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ドイック・ナッツ[1](Doikk Na'ts)はフィグリン・ダンとモーダル・ノーズとして知られるジズ・バンドのミュージシャン。ビスの男性。彼はバンド内でドレニアン・ベシュニケル(別名フィズ)を担当した。他のバンドのメンバー同様、ドイック・ナッツはインターギャラクティック・ミュージシャン連合の登録会員だった。彼の脳は亜音楽に関して非常に発達しており、モーダル・ノーズの音楽の質と人気を高めるのに役立っていた。また、ナッツはバンドの中でも冷静なメンバーとして知られる。

経歴

DoikkNa'ts-DorenianBeshniquel-ANH

チャルマンの宇宙港カンティーナで演奏するナッツ

ヤヴィンの戦いの少し前、フィグリン・ダンとモーダル・ノーズタトゥイーンの犯罪王、ジャバ・デシリジク・ティウレと独占的な契約を交わした。モーダル・ノーズは定期的にジャバの宮殿やモス・アイズリーにあった彼のタウンハウスで演奏を行った。だが、バンド・メンバーたちがハットとの契約を後悔するのに、それほど長い時間はかからなかった。彼らはジャバを不快にさせたものが、一体どういう罰を受けるかを知ってしまったのだ。ジャバのもとでのモーダル・ノーズの生活は恐怖に満ちたものとなった。ジャバ・ザ・ハットがミュージシャンたちを彼のペット、ランコアの餌にしてしまうのは時間の問題だっただろう。幸い、彼らのもとへまたとないチャンスが訪れる。

ジャバのライバルの一人、レディ・ヴァラリアンというウィフィッドが3,000クレジットの演奏の依頼をしてきたのだ。それは、ヴァラリアンとハンターのドウォップの結婚式での演奏の仕事だった。ドイック・ナッツたちはジャバの言いなりから解放されるべく、この仕事に飛びついた。彼らはモス・アイズリーのラッキー・デスポット・ホテル&カジノ内にあったスター・チャンバー・カフェへと落ち着く。だが、リーダーのフィグリン・ダンがここでサバックにお金を費やすようになってしまう。彼のギャンブルのおかげで、モーダル・ノーズがタトゥイーンを去る望みはだんだんと少なくなっていった。

ジャバはモーダル・ノーズが契約を破って逃げたことを知り、バウンティ・ハンターを数人、宴の席へと送り込んだ。だが、運悪くそのとき銀河帝国ストームトルーパーもパーティへなだれ込んだ。混乱のさなか、モーダル・ノーズはパーティの招待客であるウーハーから逃げ道を教えてもらった。ウーハーは、彼らをモス・アイズリーでカンティーナを経営するウーキーチャルマンに紹介する。チャルマンは次の晩、モーダル・ノーズを自分のカンティーナで演奏するバンドとして雇うことに決めた。ナッツたちはルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービが腕のいいパイロットを探してカンティーナを訪れたときも、店内で演奏していた。カンティーナの夜のシフトで働いていたアクメナは時折、モーダル・ノーズの曲に合わせて歌を歌うことで、バーの空気を盛り上げた。

この出来事の直後、フィグリンがサバックでバンドの楽器や道具を賭けに出してしまった。フィグリンはこの賭けでラブリアに負け、楽器を失ってしまう。だが、モーダル・ノーズのメンバーすぐにラブリアの説得に回り、楽器を返すよう説得し、納得してもらった。このおかげで彼らは再び演奏を続けれるようになったのである。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki