FANDOM


トール・シヴロン[1](Tol Sivron)は銀河帝国の軍事リサーチ部門の部長。トワイレック男性モー研究所の所長も務めた。

経歴

トール・シヴロンは惑星ライロストワイレック・クラン・カウンシルのメンバーも務めていたが、追放されている。

カウンシル追放の後、ライロスにあった帝国の燃料補給所に行き着いたシヴロンは、ウィルハフ・ターキンという若い司令官とであった。ターキンはシヴロンが自分の抱えていた職務のマネージャーとして最適であることに気づく。シヴロンはターキンによって極秘であるモー研究所に送られ、そこの所長となった。シヴロンの管理の下、研究所はデス・スターやサン・クラッシャーといった兵器を生み出していった。

モー研究所が新共和国によって侵攻されたとき、シヴロンはデス・スター・プロトタイプに乗って逃走する。モーのブラックホールを通り抜けてケッセルへとたどり着いた。ここでシヴロンはスーパーレーザーを使用し、ケッセルの月と新共和国艦隊を吹き飛ばしてしまう。シヴロンはモー研究所を破壊してしまうためにモーへと戻ったが、サン・クラッシャーに乗ったキップ・デュロンによって追い掛け回される羽目になる。この小競り合いの末、シヴロンはデス・スターのプロトタイプと共にブラックホールの餌食となってしまった。

登場作品

制作の舞台裏

トール・シヴロンは作家のケヴィン・J・アンダースンによって生み出された。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki