FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

トワイレック[1](Twi'lek)は惑星ライロス出身の雑食性のヒューマノイド種族である。彼らは際剤されたカビなどの菌類や、ライクリットの肉などを食べる傾向にあった。また、彼ら特有の特徴として、個人個人で色素が異なる、カラフルな皮膚が挙げられる。そして頭蓋骨の付け根からは、1対のものを掴むことの出来る均整の取れた触手が伸びていた。これらの触手は“ブレイン=テール”、あるいは“レック”、“チャン=チン[2]”、または“ヘッド・テールズ”とも呼ばれ、コミュニケーションや認識作用の役目を果たす、高度な器官だった。トワイレックは標準的なヒューマノイド種族とかなり類似した声帯の構造を持っていたために、ほとんどのエイリアンの言語を話すことが可能だった。しかし、それでもトワイレックは普通、レックの微妙な運動を組み込む彼らの母国語、ライルを好んで使用した。彼らがしたいと思えば、その多用性の高いレックは完全に極秘なコミュニケーションに使用することも可能だった。トワイレックの女性はその美貌から、奴隷や娼婦、ダンサーとして働かされていることが多かった。

生態と外見

トワイレックのもっとも際立った特徴のふたつが、種族特有の皮膚の色の多種多様さ、そして対になって生えるブレイン=テールだった。“チュン=チン”あるいは“レック”とも呼ばれるその尻尾は、頭蓋骨の後部から下向きに生えており、トワイレックの脳の一部分を含んでいた。“トワイレック”という言葉そのものが、まさに準ベーシックでいう“ツイン(対をなす)・レック”から来ているものだと信じられていた。トワイレックのブレイン=テールは脂肪の格納、あるいは性感帯というように、日常生活や文化面において様々な役割を果たしていた。トワイレックの母国語であるライルは、単語の組み合わせと共にレックの微妙な運動を使用することにより、意思疎通を果たしていた。新生児のトワイレックにはレックが全くないが、おそらく幼年期のあいだに伸びていくようである。

Twi'lek couple

トワイレックの男女

トワイレックのブレイン=テールは非常に敏感であり、これを力強く掴むことは彼らにひどい苦痛をもたらし、ほとんどいかなるトワイレックでも簡単に動けなくすることが出来た。しばしば、ブレイン=テールへの損傷は一生が居残るほどの障害をトワイレックの脳に残した。少なくともリアナ・サレンの実例において、レックはサイバネティックスと移植して取り替えることが可能である。

長い、あるいは形の良いレックはすばらしいステータスシンボルと見做され、しばしば尊敬や影響力、財力を手に入れることに繋がる存在だった。トワイレックのブレイン=テールは男性の生殖器にも例えられ、どちらの性別においても、大きなレックには判然としないものの前向きな意味が込められていた。

トワイレックのブレイン=テールは彼らの大いなるプライドの源であり、特にそれは他の種族に立ち向かうときにいえることであった。“チュン=チン”は実際はそれぞれのレックを示す言葉であり、“チュン”は左のレックを、“チン”は右のレックを指していた。ふだんの会話の中では、トワイレックはふつう自分たちのレックのことを“チャン”あるいは“チン”と呼んでいた。

トワイレックの皮膚の色の範囲は非常に広く、緑、オレンジ、茶色、黄色、青色、灰色、ピンク、黒、白、赤色、そして紫、それらの異なる色の濃淡の全てを含んでいた。トワイレックの他の種類には、まれなターコイズ色の肌をしたルティアン・トワイレックとして知られるもの、そしてさらにまれな赤い肌をしたリーサン・トワイレックとして知られるものがあった。こうした稀な肌の色は、彼らの遺伝情報の変異によって発生していた。ダンサーのアイー・ヴィダのように、何人かのトワイレックは模様を描くために皮膚を染めていた。

Numa-Curfew

トワイレックの少女、ヌーマ

トワイレックの男性にはヒューマノイドのような耳があり、女性は円錐状のそれを持っていた。男性と女性の両方に体毛は生えていなかったが、ライロスの砂や熱から目を守るために、例外的にまつげは唯一生えていた。より美しく見えるように、女性は一般的に眉を塗るか、眉に刺青を施していた。ボック・アシーカのわきの下や胸には体毛が生えていたが、彼が珍しい亜種なのか、それとも遺伝子の突然変異の結果なのかは知られていない。

女性のトワイレックはスレンダーで魅力的であると考えられており、奴隷や娯楽の対象として好まれていた。トワイレックの女性の美貌は銀河中に知れ渡っており、その結果、多くの若いトワイレックが奴隷として売り出され、奴隷やダンサーの象徴的な存在になっていた。表社会においてもトワイレック女性を側に置くことは権力者の象徴となっている。ジャバ・デシリジク・ティウレは美しいトワイレック女性の奴隷主として有名である。また、男性のほうは決まって醜いことでよく知られていた。

社会と文化

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはトワイレック/レジェンズに関する31枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki