FANDOM


マークスマンHトレーニング・リモート(Marksman-H training remote)はインダストリアル・オートマトン社が製造した戦闘訓練用の小型ドロイドである。ジェダイや狙撃兵の訓練道具として用いられていた。

特徴

インダストリアル・オートマトン社が製造したマークスマンHトレーニング・リモートは複数のセンサーと比較的無害なブラスターを装備した小型の球体形リモートである。[1] リパルサーリフトで空中に浮遊しながら素早く行ったり来たりし、強度を自由に設定可能な戦闘訓練用スティング・ビームを発射した。[3] ジェダイライトセーバー戦闘技術フォースとの調和を高めるためトレーニング・リモートを使って修行を積んだ。リモートはトレーニングのレベルが上がるに連れて動きが速くなり、発射されるエネルギーも増していく仕組みになっていた。また、リモートは殺傷能力を持つ対侵入者用防衛兵器に改造することもできた。[1]

歴史

マークスマンHトレーニング・リモートはジェダイ・オーダーのメンバーや技能を磨きたい狙撃兵たちに広く使用されていた。ジェダイ・イニシエイトはブラスト・シールドを使って視界を覆い、フォースを通じてリモートの場所や動きを頭のなかに描きながら、発射されるビームをライトセーバーで防御した。[1]

22 BBYジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービが謎の惑星カミーノに関する助言を求めてグランド・マスターヨーダのもとを訪れた時、ベア・クランに属すジェダイ訓練生たちがヨーダの元でトレーニング・リモートを使ったライトセーバーのレッスンを受けていた。[6]

0 BBYジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービの元でジェダイの修行を開始したばかりのルーク・スカイウォーカーは、惑星オルデランへ向かう<ミレニアム・ファルコン>の船内でリモートを使った訓練を受けた。ルークは父親のものだったライトセーバーを使い、ヘルメットで視界を隠した状態でリモートの攻撃を防御するよう命じられる。当初ルークはが見えなければ防げるはずがないと懐疑的だったが、ケノービの指導でフォースの使い方を学び、ビームを偏向することに成功した。[2]

34 ABY、<ミレニアム・ファルコン>に乗り込んだフィンチューバッカの治療道具を探していたときにトレーニング・リモートを見つけた。[7]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。