FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「最高議長閣下、元老院議員のみなさん。悲劇が起きています。交易ルートの関税を巡るトラブルに始まり、我々の惑星はいまやトレード・フェデレーションに占領されてしまいました」
シーヴ・パルパティーン元老院議員[出典]

トレード・フェデレーション通商連合(Trade Federation)は銀河共和国の衰退期に活動した星間貿易及び運送を行う複合企業である。ニモーディアンによって運営され、惑星ケイト・ニモーディアに本拠地を置いていた。彼らは大きな権力を持ち、共和国の銀河元老院に議席を持っていた。

歴史

「わしらは分離主義者と関係ない! ヌート・ガンレイが勝手に先走っているだけ。トレード・フェデレーション全てを一緒にしないでほしい」
ロット・ドッド[出典]

ヤヴィンの戦いの32前、ヌート・ガンレイがトレード・フェデレーションのヴァイスロイ(総督)を務め、ロット・ドッドがフェデレーションの代表議員として元老院に派遣されていた。彼らはシスの暗黒卿ダース・シディアスの陰謀に加担し、惑星ナブー侵略事件を起こした。彼らはナブーのパドメ・アミダラ女王に議定書への署名を強制して侵略を合法化しようとしたが、女王はジェダイの助けを借りて占領部隊から逃げ去った。その後、女王はグンガングランド・アーミーと共にナブーの戦いを起こし、故郷をフェデレーションから解放した。

ナブー危機の10年後、トレード・フェデレーションはドゥークー伯爵が率いる独立星系連合に加わり、クローン戦争で銀河共和国と対立した。しかし、フェデレーションは分離主義同盟の一員として戦う一方で、共和国元老院に議員を派遣しつづけていた。クローン戦争の終結時、フェデレーションの指導者であるヴァイスロイ・ガンレイは、分離主義評議会の他のメンバーと共に惑星ムスタファーシス卿ダース・ヴェイダー殺害された。独立星系連合の企業は、新たに形成された銀河帝国に吸収された。

軍事力

バトル・ドロイド

OOM Battle Droids

フェデレーションのバトル・ドロイド

スターファイター

地上軍

主力艦

TF Battleship

ナブーを封鎖したフェデレーションの艦隊

支援船

登場作品

参考資料

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。