FANDOM


「恐怖が匂う。いい匂いだ」
―トレンチ[出典]

トレンチ(Trench)はセカンダス・アンドー出身の男性ハーチで、独立星系連合提督銀河共和国との戦いでその名を轟かせ、宇宙艦隊の軍人たちから恐れらる存在だった。マラステア・ナロウズの戦いで死んだとされていたが、クローン戦争時に再び台頭し、分離主義勢力の宇宙軍を指揮した。戦争の序盤、トレンチはプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィンシブル>に乗り込み、惑星クリストフシス軍艦封鎖した。トレンチ提督の鉄壁の封鎖により、地上に取り残されたベイル・オーガナ元老院議員共和国グランド・アーミーは厳しい戦いを強いられた。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーはトレンチの封鎖を破ろうとして失敗したが、オビ=ワン・ケノービの部隊と合流し、試作型ステルス・シップを使って再度突破を試みた。トレンチ提督は以前にもステルス機能搭載機と戦って勝利した経験があり、スカイウォーカーとの対決でも勝利を確信していた。しかし、ステルス・シップはトレンチが放った追尾魚雷を引きつけながら<インヴィンシブル>へ直進し、魚雷をブリッジに命中させた。トレンチの旗艦は撃沈し、共和国は補給作戦に成功した。

<インヴィンシブル>の破壊を生き延びたトレンチ提督は、サイボーグの肉体を得て再びクローン戦争の戦場へ復帰した。リンゴ・ヴィンダの戦いのさなか、トレンチはクローン・トルーパータップジェダイティプラー将軍を殺害するという異常な事件を目撃し、ドゥークー伯爵に報告した。また、トレンチはアナクセスの戦い共和国造船所を数週間にわたって包囲した。ジェダイはトレンチが共和国軍戦略アルゴリズムを入手して利用していることを突き止め、戦いの流れを覆した。トレンチはアナクセス造船所に仕掛けた爆弾を起動したが、スカイウォーカーが彼の旗艦に侵入し、ライトセーバーを突きつけて無理やり爆弾の解除コードを聞き出した。スカイウォーカーは反撃を試みたトレンチの胸にセーバーを突き立て、何度も死の淵から生還した提督に引導を渡した。

経歴

ハーチの提督

「怖さを思い知らされました。トレンチ提督に率いられた艦隊がマラステアを封鎖していました。我々は彼らと激突。徹底的に打ちのめされて、命からがら逃げだした。最後はジェダイ率いる機動艦隊の増援を得て、トレンチの船を破壊。奴も運命を共にしたと思っていた」
―ウルフ・ユラーレン[出典]

ハーチ種族男性、トレンチは惑星セカンダス・アンドーに生まれ、宇宙軍提督となった。彼は有能な指揮官として知られ、クローキング装置を搭載した宇宙船との戦いでも勝利を収めた。クローン戦争以前、トレンチはマラステア・ナロウズの戦い銀河共和国と交戦する。トレンチ率いるマラステア封鎖艦隊は共和国の第一陣を徹底的敗北に追い込んだが、ジェダイが率いる機動部隊が戦場に駆け付け、トレンチの旗艦を破壊した。トレンチはこの戦いで死んだと思われたが実は生きており、のちに独立星系連合宇宙艦隊に加わった。

クローン戦争

クリストフシスの戦い

「わしはトレンチ提督だ。よく聞くがいい、ジェダイ。貴様は勇敢だがミスを犯した。だがわしとしては一対一の対決を大いに歓迎しておる。久しく好敵手に恵まれなかった。なかなか素晴らしい船に乗っておるのう。だがこれまでにその手の船とは戦ったことがある。ステルス技術が貴様を救う事にはつながらんし、貴様が敗れた時点で地上にいる仲間の運命も極まる。クリストフシスの住民と資源は全て分離主義勢力のものとなる。退却せよ。今ならまだ間に合う。さもなければ地獄を見ることになろう」
―トレンチ[出典]
Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。