FANDOM


トラチタ[1](Trachta)はインペリアル・センター・オーバーセクターを統治した銀河帝国グランドモフ反シス陰謀団を組織して指揮をとり、銀河皇帝パルパティーンダース・ヴェイダーの殺害を試みたが、失敗し死亡した。

トラチタは人間の男性として誕生したが、クローン戦争の間にサーマル・デトネーターによって重傷を負い、サイバネティックスの移植を余儀なくされた。その大きな特徴として、機械の肺臓へとチューブで繋がっていた長方形の呼吸マスクがある。彼の青ざめた顔面には、呼吸器のほかに赤いカメラが取り付けれられていた。また、トラチタの後頭部には三つ目のカメラが取り付けられ、背後の様子を知ることができた。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki