FANDOM


「トラクター・ビームは主要反応炉と7か所で連結されております。そのうち1か所でもパワーを失えば、船は脱出可能になります」
C-3PO[出典]

トラクター・ビーム12(Tractor Beam 12)はデス・スターバトル・ステーションセクションN6に設置されていたトラクター・ビーム制御装置。デス・スターのトラクター・ビームは7か所で主要反応炉と連結しており、この装置はそのうちの1か所への動力供給を管理していた。

歴史

ヤヴィンの戦いの直前、オビ=ワン・ケノービドッキング・ベイ327に収容されたYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>を無事にバトル・ステーションから脱出させるため、セクションN6に忍び込んでトラクター・ビーム12を操作した。ストームトルーパーが装置の周辺を警戒していたが、ケノービはフォースを使って彼らの注意を逸らし、見張りに気づかれることなく制御装置から立ち去った。

制作の舞台裏

Tractorbeamtext

トラクター・ビーム制御装置のスクリーン。文字が英語だったオリジナル版(上)と、オーラベッシュに置き換えられた特別篇版(下)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でケノービがトラクター・ビーム制御装置を操作する時、装置のスクリーン上に「TRACTOR BEAM 12 (SEC. N6)」という文字が表示されている。文字はオリジナル版では英語だったが、特別篇でオーラベッシュに変更された。

登場作品

他言語版