Fandom

Wookieepedia

トライバブル・ボンゴ

9,763このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
Bongo.jpg
トライバブル・ボンゴ
製造に関する情報
製造

オータ・グンガ・ボンガミーケン協同組合

クラス

潜水艇

技術に関する情報
長さ

15メートル

最高速度

85 km/h

エンジン

電動推進力フィールド・モーター

装備

なし

乗組員

パイロット (1名)

乗客

2名

積載容量

1,600 kg

その他
役割
  • 輸送
  • 探検
時代

帝国の勃興時代

所属

グンガン

「マスター、ボンゴとは何ですか?」
「船のようなものだといいがな」
オビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジン[出典]

トライバブル・ボンゴ[1]Tribubble bongo)は、惑星ナブーグンガンが使用していた潜水艇である。

概要

このタイプの潜水艇は、オータ・グンガにおいてごく普通に見られる輸送手段に用いられ、乗客、貨物、あるいはその両方を運べるよう設計されている。前部コクピット・バブルは、パイロットと乗客専用だが、両サイドのバブルは、乗客と貨物の両方を運べる構造になっており、座席は取り外しが可能だ。その独特の形状は、グンガンの建造技術と美的センスのたまものである。建物や乗り物には、骨組みを“生成する”彼らの秘法が用いられており、それが有機的な外観を生み出す。そこに芸術的な仕上げが施されるのである。有機的に生成された骨組みを結合すれば、複雑な構造物をつくることができる。これに機械部品や電子部品を組み込んで、必要とされる機能を持たせることも可能である。有機構造物にしては異例の強度を誇るが、深海に棲息するシー・モンスターに襲われると損傷は免れない。

ボンゴ潜水艇待避所

グンガンの水中都市に見られる静水バブルを、特定目的で改修したボンゴ潜水艇待避所は、内部に水を満たした特殊構造となっている。改造カノード結節集合体を使って、内部に満たされた水と外部の水との水圧を同レベルに調整されているほか、プラズマ・エネルギー発生ユニットがあり、停泊中の潜水艇の動力ユニットに再充電が可能となる。

ボンゴの種類

BongoAdvancedScout.PNG

軍用ボンゴの一種、ボンゴ改良型スカウト

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki