FANDOM


トプラワ[1](Toprawa)は辺境の森の惑星であり、アウター・リム・テリトリーブライト・ジュエル・オーバーセクター内、カラミス宙域トプラワ星系にあった。また、この星はハイディアン・ウェイの近くに位置した。

歴史

シス大戦の際、トプラワでは銀河共和国エグザ・キューン率いるシス帝国のあいだに起こった戦いが繰り広げられた。

また、トプラワにはアンタリアン・レンジャーのコミュニティが存在したことでも知られていた。19 BBYフォリーという名前のアンタリアン・レンジャーがトプラワで活動しており、また、やがてレイス中隊に加わったアンタリアン・レンジャーのパイロットタイリア・サーキンの故郷もトプラワだった。

銀河内戦の初期、反乱同盟軍同盟軍最高司令部へとスパイ網からの情報を送信するため、前哨基地を惑星トプラワに置いていた。

トプラワではデス・スタースーパーレーザーに関する情報が、ヘイヴェット・ストームや反乱同盟軍によって盗み出された。ブリア・サレン司令官や反乱軍の地下組織リーダー、ヴァーミリオンは自分たちの命を懸けて、トプラワから盗んだ情報をプリンセス・レイア・オーガナへと渡す。反乱グループは帝国の支配下にあったトプラワ通信ステーションを利用し、プリンセスが乗るCR90コルベットタンティヴIV>へと計画の情報を送信したのである。

その後、銀河帝国はトプラワに罰を与えた。惑星の都市は破壊され、惑星のすべての領域は貧困へと陥った。惑星に住む人口のほとんどは、救済を求めて帝国にひれ伏さなければならなかったのである。9 ABYになっても、トプラワはまだ新共和国によって帝国から救われていなかった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki