Fandom

Wookieepedia

トシ・ステーション

< トシ・ステーション

9,745このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

トシ・ステーション[1](Tosche Station)は惑星タトゥイーンアンカーヘッドのはずれにあった、電力及び配給ステーション。丈夫な地下ケーブルを通して、周囲の多くの町に電力を供給していた。このステーションは地元の水分抽出農夫にとって、パワー・コンバーターの電力として役に立っていた。また、トシ・ステーションは乗り物の修理や充電なども行っていた。

歴史

Tosche station interior.jpg

0 BBYのときのステーション内

トシ・ステーションは水分農家の家庭で必要とされるエネルギーのほとんどを供給していた。しかし、ランドスピーダーリパルサーリフトの動力重鎮も行うことが出来た。ステーションの持ち主であるメール・トシはほとんど顔を出すことはなく、また、ステーションも客で繁盛していたわけではなかった。そのため、レイズ・“フィクサー”・ロネオズナーがこのステーションを預かっていた。レイズのガールフレンド、ケイミーもこのステーションを訪れており、彼らはやがて結婚した。

地元の退屈した農民の息子や彼らのガールフレンドは、短調な農場の仕事から抜け出してはアンカーヘッドに集まり、スピード感あふれるレースなど、わくわくするような娯楽を求めた。こうした活動の中心になっていたのは屋根の低い、デュラクリート構造のトシ・ステーションたった。トシ・ステーションは動力と水の補給ステーションで、スピーダーのガレージでもあり、若者の溜まり場になっていた。若者たちは涼しい屋内でコンピューター・ゲームをしたり、エンジンのパーツを持ってきては、ランドスピーダーの改造をしたりしていた。

ルーク・スカイウォーカーは、物や機械のパーツを買うようなふりをしながら頻繁にトシ・ステーションに顔を出した。ヤヴィンの戦いの少し前ごろもスカイウォーカーはこのステーションを訪れ、友人のビッグズ・ダークライターと会話をしている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。
  2. ただし、表記はトシュ・ステーション

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki