FANDOM


トウォン・ケティー(Twon Ketee)はジャングル湿地帯の広がる惑星である。猛獣ラスター母星として知られた。大気は有毒で、人間をはじめとする知覚種族が惑星に降りる際には呼吸マスクをつける必要があった。

歴史

32 BBY以前、ダース・シディアスのもとで修業を積んでいたシス・アプレンティスダース・モールは、ラスターを狩るためトウォン・ケティーを訪れた。ビッグ・ゲーム・ハンターのチームがラスターに食い殺されるのを目撃した後、モールはを使って2匹のラスターを狩り、最後の1匹はフォースを使って樹木の下敷きにした。

新共和国時代、ハン・ソロチューバッカプラーナのためにトウォン・ケティーでラスターを狩った。

制作の舞台裏

惑星トウォン・ケティーは映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』をテーマにしたビデオ・ゲーム、『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の追加ミッションで初登場を果たした。正史のタイムライン上の初登場作品は、2017年に発売されたコミック・ブックスター・ウォーズ:ダース・モール』である。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。