FANDOM


Vizsla
トア・ヴィズラ
人物の情報
死亡

42 BBYコレリア

身体の情報
種族

人間

性別

男性

身長

1.9メートル

髪の色

目の色

茶色

肌の色

白色人種

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属

マンダロリアン

「やっとお前をマンダロアから永久に追放できる…」
―ジャスター・メリールに対し、ヴィズラ[出典]

トア・ヴィズラ(Tor Vizsla)は人間男性で、デス・ウォッチの初代リーダーだったマンダロリアン戦士。マンダロアジャスター・メリールが定めたスーパーコマンド・コデックスに反対し、60 BBYにマンダロリアンの分裂派閥を組織した。メリールは、マンダロリアン戦士団から不道徳な略奪的行為を追放しようとしていたが、ヴィズラの一派は従来の好戦的なやり方を好んだ。ヴィズラたちの究極の目標は、再びマンダロア戦争を起こし、祖先の名のもとに銀河系を支配することだった。ヴィズラのデス・ウォッチと、メリール率いる真のマンダロリアンの間には、マンダロア内戦が勃発した。この戦いは双方に多くの犠牲者を出し、ヴィズラもコンコード・ドーン戦いで一度死んだと思われた。

戦いを生き延びていたヴィズラとデス・ウォッチは、惑星コーダ6で再び姿を現し、真のマンダロリアンを罠にかけた。ヴィズラは、副司令官に裏切られたメリールを、この戦いで殺害した。真のマンダロリアンは退却したが、彼らはジャンゴ・フェットを新しい指導者に立てて戦いを続けた。ヴィズラは数間姿を隠し、今度はガリドラーンで再び罠を仕掛けた。ヴィズラの策略で、フェットの部隊はジェダイの攻撃チームによって襲撃され、壊滅した。唯一の生存者となったフェットは、スパイス輸送船奴隷として数年間を過ごした。しかし彼はやがて脱出し、ガリドラーンでマンダロリアン・アーマーを回収した後、復讐のためヴィズラを追った。フェットはコレリア上空でヴィズラの宇宙船デス・ラトル>を破壊し、惑星の地表で一対一の肉弾戦を繰り広げた。ヴィズラはフェットに毒針を指したが、フェットは気絶する前にヴィズラの腹部を切り裂いた。ヴィズラは、血の匂いを嗅ぎ付けて寄って来たダイア=キャットの群れに食い殺されたが、毒が回っていたフェットは助かり、生き延びた。

経歴

デス・ウォッチの指導者

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

ゲーム『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』に特典として収録されているコミック、『Jango Fett: Open Seasons』では、ビズラという表記が使われている。また、『スター・ウォーズ 全史』ではヴィスラとされている。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはトア・ヴィズラに関する3枚の画像があります。
  • Jango Fett: Open Seasons (初登場) (回想シーン)
  • スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット (Jango Fett: Open Seasonsの再録)
  • Restraint (間接的に言及)
  • Order 66: A Republic Commando Novel (言及のみ)
  • Imperial Commando: 501st (言及のみ)
  • Legacy of the Force: Sacrifice (言及のみ)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki