FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

デヴァロン[1](Devaron)はデヴァロニアンの出身惑星コロニー内のデヴァロン星系に位置する。

デヴァロンは低い山々のある惑星で、深い谷は何千本もの河川と繋がっていた。コレリアン・トレード・スパインの近隣にあり、惑星には厳しい死刑制度と母権制の政府があった。

歴史

デヴァロンはその歴史の早期、25,000 BBYから22,000 BBYのあいだに銀河共和国に加盟した。当時、この惑星はノウン・スペース(既知領域)の端に位置していた。

Jungle of Devaron

デヴァロンのジャングル

デヴァロンではデヴァロニアン女性だけが統治機関に参加することを許された。旧共和国時代の民主主義の末期、デヴァロンを代表していたのはエルサーサイモロヴィエンサイマロク元老院議員であった。しかし、22 BBY、エルサーサイモロはヴィエンサイマロクが雇った賞金稼ぎオーラ・シングによって暗殺された。ヴィエンはその暗殺計画と、ブルー・マウンテンズの基地で独立星系連合を密かに支援していた罪によって共和国に逮捕された(そしておそらく処刑された)。デヴァロンはその後のクローン戦争エイヴェンサイアルラーク大統領のもとで銀河共和国の支持を続け、戦争が終焉すると銀河帝国の統治下に置かれた。

また21 BBYごろ、賞金稼ぎキャド・ベインジェダイ・マスターボーラ・ロポルを捕らえるためにデヴァロンの共和国前哨基地に攻撃を仕掛けた。ロポルは銀河系のフォース=センシティブの子供たちのリストが収まった、カイバー・メモリー・クリスタルの守護者だったのである。その後、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーとそのパダワンアソーカ・タノホロクロンを取り戻すためにヴェネター級スター・デストロイヤーレゾリュート>に到着、この戦艦はベインのミュニファスント級スター・フリゲート戦った。賞金稼ぎの船は破壊されたが、ベイン自身は脱出に成功した。

5 ABY、デヴァロンは帝国に対する暴動の現場になった。これは帝国に従ったカーデュサイマロックによって導かれたデヴァロニアン軍によって鎮圧される。しかし、この指揮官は“モンテリアン・セラットの殺戮者”と呼ばれるようになり、彼は惑星の民の迫害を逃れるためラブリアと名前を変え、タトゥイーンへと去った。

19 ABYボバ・フェットはラブリアを捕まえてデヴァロンへと連れ帰った。このとき、ラブリアは処刑される。

デヴァロンはその過激な死刑政策のため、新共和国に加わる資格はなしとされ、加盟が拒否されてしまった。ユージャン・ヴォング戦争の間、デヴァロンの政府はニュー・ジェダイ・オーダージェダイ・ナイトヒヴレク・“ワオ”・チェクレヴを差し出し、ユージャン・ヴォングの攻撃から逃れようとした。だが、このジェダイは脱出に成功する。

その後、何人かの女性のデヴァロニアンたちは銀河連合自由同盟に加盟したいと考え、犯罪者をクアーラに食べさせる風習を終わらせるように提案する。しかし、彼女たちは伝統主義者たちからの強い反発にあった。

登場作品

参考資料

Devaron during the clone wars

惑星デヴァロン

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki