FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

デヴァロニアン[1](Devaronian)は2本の角を持つヒューマノイド種族である。低い山々と何千もの川と繋がる深い谷を持つコロニー惑星デヴァロンの出身。彼らはデヴァロンの山脈に住んだ霊長類種族の子孫だと考えられており、彼らの角は捕食性の鳥類を退けるために発達した遺伝的突然変異の産物だとされていた。

生態と特徴

Devaronians

デヴァロニアンの男女

デヴァロニアンは性別によって身体的、精神的特徴が大きく異なる、銀河系でもかなり例外的な種族のひとつだった。男性は生まれつき攻撃的であり、多くは生意気で頑固だと描写された。彼らは通常、赤い色の肌をして、頭部にふたつの角を持っていた。彼らは角のことをとても誇りに思っており、定期的にきれいに整えていた。

多くの種族は、デヴァロニアンが何千もの別々の神話に登場する悪魔とよく似ていたため、彼らのことを不快に思っていた。

女性のデヴァロニアンは茶色から白までの色彩の柔らかく厚い毛におおわれており、角はなく、犬歯が飛び出していた。彼女たちはおとなしく、非攻撃的だった。彼女たちはデヴァロニアンの文明に対して支配的であり、政治家として政府に参加することを許されていた。毛皮を持たない女性のデヴァロニアンは、男性であれば角が生えている位置に、黒く丸い模様があった。

また、男性の歯はすべて鋭い切歯だったが、女性にもとがった臼歯と飛び出した犬歯があった。しかし、50人にひとりの割合で、男性のデヴァロニアンもこれら2組の歯を持っていたが、奥には“男性”の歯、前には収納可能な“女性”の歯を持っていた。男性はとても長い舌を持っていたが、女性にも同じ特徴があったのかは知られていない。彼らの歯は言語にもいくらか利用されていた。ハット語を話す際、デヴァロニアンは絶えず歯を繰り返し出し入れしなければならなかった。

彼らの体は多くのヒューマノイド種族と比べて内容が凝縮されており、外見から予想されるよりも体重が重かった。おそらくそのために、彼らは複数の肝臓を持っていた。彼らの血液はをベースにしていた。

歴史

Devaronian-SOTETC

レイア・オーガナに舌を伸ばすデヴァロニアン

27,000 BBY、デヴァロニアンは最初のタンブル・ハイパードライブを考案した。彼らは銀河系で恒星間旅行をはじめて達成した種族のひとつだった。銀河内戦までの何千年という歴史の中で、男性のデヴァロニアンは銀河中の宇宙港に頻繁に姿を現した。デヴァロニアンの男性には放浪癖があり、機会さえあれば至る所へと移動していった。そのため、彼らは銀河を放浪する貨物船船長になったり、偵察兵のような職に就いた。一方、女性のデヴァロニアンはひとつの場所に留まることに満足し、若者を育ててデヴァロンの政府を運営していた。男性は故郷に戻って家族を養うことが出来るほどの金を仕送りし、一度惑星から出発したらめったに戻ってくることはなかった。女性たちは行動的な男性が家庭生活にとって破壊的だと考える傾向にあり、この関係に満足していた。結婚の儀式はコーヒブリル(Koh'hibril)の季節に執り行われた。男女がともに長時間を過ごすのはこの季節だけだったので、女性は男性に対し支配的だった。

銀河帝国が台頭した時期、デヴァロニアンの軍隊の指揮官、カーデュサイマロックは、デヴァロンで発生した帝国に対する反乱を鎮圧するよう命令を受けた。反乱勢力はモンテリアン・セラットの古都に避難した。マロックは反乱勢力が降伏するまで都市への攻撃をつづけ、結果として都市は瓦礫の山と化してしまった。別の反乱グループを鎮圧するため南へ向かうよう命令を受けた彼は、これを大量虐殺の指示と解釈し、700人もの反乱軍兵士を集め、警備兵に銃撃させた。この行為によって、同胞のデヴァロニアンから銀河系で最高額の賞金を首にかけられたマロックは、“ラブリア”と名前を変えて姿を隠した。彼はオビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーモス・アイズリーカンティーナを訪れたときに同じ店内にいた。

この事件があったにもかかわらず、銀河内戦中に共和国再建のための同盟に加わったデヴァロニアンはごくわずかだった。

Sanya

集団農場で働いたサニヤ

他にも、銀河共和国の最後の数年に詐欺師かつ密輸業者として活動したヴィルマー・グラークといった悪名高いデヴァロニアンがいた。また、カップ・デンドは共和国再建のための同盟に仕え、やがては新共和国軍の将軍になった。

デヴァロニアンには“オシュマー”という昼食の儀式があった。

デヴァロニアンのジェダイ

銀河系の歴史上、デヴァロニアンは何人かのジェダイを輩出していた。

制作の舞台裏

デヴァロニアンは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のモス・アイズリー・カンティーナの場面で初めて登場した。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki