FANDOM


「笑いが出るほど楽な仕事だぜ」
―デンガー[出典]

デンガー(Dengar)は惑星コレリア出身の人間男性で、クローン戦争期から新共和国時代にかけて活躍した賞金稼ぎ。バトル・アーマーとターバンに身を包み、ブラスター・ライフルと小型手榴弾を装備していたデンガーは、銀河系で最も危険な賞金稼ぎの1人として知られた。クローン戦争中、デンガーはボバ・フェットボスクC-21ハイシンガーラッツ・ラジィアサージ・ヴェントレスらとチームを組み、惑星クォーザイトの任務に参加した。彼らはリゴッソー少佐の依頼でオチュア・ブランクの大切な“荷箱”を守り、ケイジ・ウォリアーと戦った。デンガーは戦場となったサブトラムから放り出されて任務から脱落したが、のちに他のメンバーと合流し、報酬を受け取ることができた。その後、デンガーはラジィやエンボと共にハット大評議会の用心棒を務め、シャドウ・コレクティヴを率いるシス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスマンダロリアンプレ・ヴィズラと戦ったが、形勢不利と見て早々に逃げ去った。

銀河内戦中、デンガーは犯罪王ジャバ・ザ・ハットが密輸業者ハン・ソロチューバッカの首に懸けた賞金を狙った。彼は衛星ナー・シャッダでチューバッカを追い詰めたが、駆け付けたソロとレイア・オーガナによって返り討ちにされた。それから数年後、デンガーはボバ・フェット、ボスク、IG-884-LOMザッカスらと共にスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に集まり、ダース・ヴェイダーからソロの宇宙船ミレニアム・ファルコン>を見つけ出す任務を与えられた。デンガーはこの仕事を果たせず、フェットが賞金を獲得した。

登場作品

Dengar-TCW

クローン戦争期のデンガー

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。