FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

デレク・“ホビー”・クリヴィアン[1](Derek "Hobbie" Klivian)は、ローグ中隊の隊員として活躍したスターファイターパイロットである。惑星ラルティア出身の人間男性。若い頃、彼は銀河帝国のパイロットになるためプレフスベルトIV帝国宇宙軍アカデミーに通っていた。在学中、彼はアカデミーで出会った友人ビッグス・ダークライターから帝国の圧政的な体質について教えられ、政府への反逆を勧められた。プレフスベルトを卒業したクリヴィアンは、ダークライターと共に<ランド・エクリプティック>の指令将校に任命された。ふたりはそこで暴徒の一団を指揮し、当時まだ発展途上だった共和国再建のための同盟へと亡命する。その後、病の床に伏せったクリヴィアンは、親友ダークライターが戦死したヤヴィンの戦いに参加することが出来なかった。だが、病から回復したクリヴィアンは、ダークライターの幼馴染みであるルーク・スカイウォーカーからローグ中隊への加入を促される。クリヴィアンは惑星ホスエンドアの戦いで手柄を立て、突進傾向にある熟練パイロットとして評判を得るようになる。しかし同時に、彼は物事を懐疑的に捉える性格の持ち主としても知られていた。

反乱同盟軍が新共和国として生まれ変わった後も、デレク・クリヴィアンはローグ中隊が一時解散になるまで軍務を続けた。その後、親友のウェス・ジャンセンとともに訓練将校として軍に仕えた後、クリヴィアンはウェッジ・アンティリーズによって再編成されたローグ中隊に再入隊した。また、アンティリーズが一時的に軍を辞職した期間、クリヴィアンは代わりにローグ・リーダーを担当した。彼はその後も引き続きパイロットとして新共和国を脅かす数々の脅威と戦うことになる。19 ABYインペリアル・レムナントと新共和国の和平協定が成立すると、クリヴィアンは約20年に渡る同盟軍、及び新共和国への献身に終止符を打ち退役した。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。