FANDOM


デューバック(Dewback)は砂漠惑星タトゥイーンに生息した4足歩行の爬虫類クリーチャー。巨大なトカゲのような外見で、荷物の運搬に使用された。タトゥイーンに駐屯する銀河帝国サンドトルーパーは、デューバックにまたがってパトロールを行った。

生態と特徴

巨大な4足歩行の爬虫類型クリーチャーであるデューバックは、惑星タトゥイーンの広大な砂漠デューン・シーに生息していた。[5] デューバックは平均全高2メートル[2]、平均体長9メートルで[3]、がっしりとしたトカゲのような体を持ち、皮膚は緑色でぶ厚かった。デューバックの歩みは遅かったが、騎乗用の動物として信頼のおける存在だった。また、デューバックは騎乗者によって突かれると瞬発的に驚くべき速度で移動することができた。[4] デューバックは熱にも砂塵にも耐性があり[3]、タトゥイーンの苛酷な環境に適応していた。[5] 太陽が沈んで気温が急低下すると、デューバックは昏睡状態に近くなり、ほとんど動かなくなった。[3]

彼らは背中(バック)の朝露(モーニング・デュー)を舐めとる様子からデューバックという名前をつけられた。デューバックは雑食動物で、デューン・シーに生えているチューバーや、貴重な砂漠のオアシスの芝生、湿地帯やベガーズ・キャニオンジャンドランド荒野などに棲息するウォンプ・ラットを口にした。雌のデューバックは1標準年に50~85個の卵を産んだ。タトゥイーンではデューバックの汗を発酵させたヤトゥーニ・ボスカと呼ばれるアルコール飲料が親しまれていた。[5]

歴史

デューバックは手なずけやすい動物だったため[5]、タトゥイーンの商人や水分抽出農夫が乗り物や荷役動物として使っていた。[3] また、モス・エスパにあるグランド・アリーナではデューバックがポッドレーサーをスターティング・グリッドまで運搬していた。[6]

銀河内戦中、タトゥイーンに駐屯する銀河帝国ストームトルーパーはデューバックにまたがってパトロールを行った。彼らは“デューバック・トルーパー”と呼ばれ、電気ショックを使って獣を制御した。戦闘時、ストームトルーパーはデューバックの怒りを駆り立て、敵の防壁に突撃する際の攻撃力を高めた。[7]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki