FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

デュロン・ヴィアタッグ(Duron Veertag)は人間男性で、0 BBY共和国再建のための同盟に所属していた少佐。この、反乱同盟軍がヤヴィンの戦い銀河帝国超兵器初代デス・スターバトルステーションを破壊した直後、ヴィアタッグは、ルーク・スカイウォーカーたちを称える式典に参加した。3ABY将軍に昇格していたヴィアタッグは、惑星アーブラの同盟軍ヘイヴン基地に配属されていた。スカイウォーカー中佐が味方のシーラ・ブリー大尉を撃ち落としてしまった戦いの後、ヴィアタッグはプリンセスレイア・オーガナカーリスト・ライカン将軍らとともに、三人法廷でスカイウォーカーの軍事裁判を行った。裁判中、ブリーが帝国の工作員であることを示す証拠が発見され、スカイウォーカーは無実となり、中佐として軍に復帰した。5 ABY、ヴィアタッグは惑星ミラグロの製造施設を制圧するため、この惑星へ降下する新共和国軍を率いた。3か続いた戦いの結果、帝国はミラグロの地表を爆撃した後、惑星から撤退していった。

経歴

Duron Veertag small

ヤヴィンの英雄を称える式典に参加したヴィアタッグ

人間男性、デュロン・ヴィアタッグは、銀河内戦中に共和国再建のための同盟に仕えていた。0 BBY当時、彼は軍隊で少佐の階級を与えられていた。この、反乱同盟軍はヤヴィンの戦い銀河帝国と争った。反乱軍は、衛星ヤヴィン4の上空で、帝国の超兵器初代デス・スターバトルステーションを破壊することに成功した。戦いが終わった後、ヤヴィン4に置かれていた反乱軍の本拠地グレート・テンプルグランド・オーディエンス・チャンバーにおいて、戦いで活躍した英雄たちを称える式典が開催された。パイロットルーク・スカイウォーカーハン・ソロ、そしてチューバッカにメダルが授与されたこの式典に、ヴィアタッグも参加した。

3 ABY将軍になっていたヴィアタッグは、惑星アーブラの同盟軍の本拠地、ヘイヴン基地に配属されていた。同年、スカイウォーカー中佐たち同盟軍の部隊が、マイルス・ギール提督率いる帝国艦隊交戦した。戦闘中、スカイウォーカーは、TIE/LNスターファイターに乗っていた味方のシーラ・ブリー大尉を誤って撃墜してしまった。スカイウォーカーは階級を剥奪され、殺人罪で裁かれることになった。

後、ヴィアタッグ将軍は、ブリー大尉の撃墜事件についてスカイウォーカーを裁くため、プリンセスレイア・オーガナカーリスト・ライカン将軍とともに、三人法廷を開いた。ヘイヴン基地に放送されたこの裁判の途中、スカイウォーカーによって集められた、ブリーの正体が帝国の工作員であることを示す証拠が提出された。最終判決において、ヴィアタッグとオーガナ、ライカンは、感圧ディスクを起動してそれぞれの椅子の肘掛けにセットし、スカイウォーカーが無罪であることを確認した。3人の裁判官たちはスカイウォーカーを中佐に復帰させ、ヴィアタッグはスカイウォーカーと握手して彼が軍に戻ってきたことを祝った。

5 ABY、ヴィアタッグは第一次ミラグロの戦いに参加し、惑星ミラグロにある製造施設を手に入れるため、地上の新共和国兵士たちを指揮した。帝国からは全地形対応装甲トランスポートが、新共和国からはホバータンクエアスピーダーが投入され、地下では双方の工兵や鉱夫も戦いを繰り広げていた。3かにわたって続いた戦いの結果、帝国軍はミラグロから撤退したが、彼らは施設を新共和国に明け渡すことを拒否し、惑星の地表を爆撃した後に去って行った。

個性と特徴

ルーク・スカイウォーカーが味方のシーラ・ブリー大尉を撃墜した事件の後、デュロン・ヴィアタッグは裁判でスカイウォーカーの無実を主張し、彼を中佐の階級に復帰させた。ヴィアタッグはスカイウォーカーの復帰を喜び、裁判後に彼を祝福して手を握り合っていた。ヴィアタッグは、い髪で白色人種の人間の男性だった。

制作の舞台裏

このキャラクターは、1982年11月マーベル・コミックから発売された『Star Wars 65: Golrath Never Forgets』(未邦訳)で初登場を果たした。しかしそれ以降、2012年4月に『The Essential Guide to Warfare』(未邦訳)が発売されるまで、ヴィアタッグが他のスター・ウォーズ・メディアで触れられることはなかった(キャラクターのファーストネームが“Duron”であることは、同作で初めて明かされた)。1か月後、ジェイソン・フライリーランド・チーパブロ・ヒダルゴーらが執筆し、スター・ウォーズ インサイダー誌133号に掲載された記事、『Rogues Gallery』で、このキャラクターが1977年の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場していたという後付け設定が発表された。

登場作品

  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (初登場) (後付設定)
  • The Star Wars Storybook (後付設定)
  • Star Wars Episode IV: A New Hope PhotoComic (後付設定)
  • Star Wars: Empire 15: Darklighter, Part 4 (後付設定)
  • Star Wars 65: Golrath Never Forgets (後付け設定発表以前の初登場作品)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki